カテゴリ:将棋の本(レビュー)

終盤で差がつく 寄せの決め手210(書評)


難易度:★★★★★★★★☆☆
満足度:★★★★☆

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

寄せの手筋200(三度目の書評)



阪田の満足度:★★★★★

内容は寄せの部分図の問題が全200問。実戦で役立つものが多数。

正解はほとんどが必至手順(一部即詰み有)で明解なので、解いた後にスッキリ感もあります。

寄せ方の種類別に分けられていて、さらに基本問題→応用問題の順に解き進めるようになっているため、少しずつ難しいことに挑戦することで、理解が深まりやすい作りにもなっています。

» 記事の続きを読む

タグ

藤井聡太の鬼手(書評)


阪田の満足度:★★★☆☆

内容は藤井聡太七段のデビューから平成30年度までの対局の中から鬼手を選んだ次の一手問題集。

構成は1ページ1題、めくって裏のページに解答解説。各問題ヒント有で全101問。

各問題図の下に対局相手の簡単な紹介と問題図のヒント、解説にもその対局のエピソードが書かれています。

私(将棋倶楽部24の二段、クエスト10分の四段)が解いた結果は下の通り。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ
Copyright © 将棋のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます