カテゴリ:その他

  • 2016/12/03その他

    ネット将棋攻略!早指しの極意 (マイナビ将棋BOOKS)posted with ヨメレバ大平 武洋 マイナビ 2015-04-24 AmazonKindle楽天ブックス 対象棋力:将棋倶楽部24の10級以上阪田の満足度:★★★★内容は終盤(攻撃)、終盤(守備)、序盤、中盤における、考え方や手筋を全25の極意に分けて紹介したもの。攻撃や守備というのは、つまり寄せや受け(凌ぎ)のこと。タイトルは「ネット将棋攻略!早指しの...

    記事を読む

  • 2016/11/24その他

    将棋に強くなる本―好敵手には読ませたくない (1979年) (ハウブックス)柿沼 昭治 金園社 1979-04by G-Tools対象棋力:将棋倶楽部24の4級~阪田の満足度:★★内容は前半3分の2が将棋に強くなるための序盤・中盤・終盤の考え方で、後半3分の1が40年前に流行っていた戦型一通りの駒組み又は仕掛け段階の解説と、アマ強豪だった著者の自戦記です。初段になりたい人や、それ以上に強くなりたい人に共通する、将棋の強くなる考え方がいろ...

    記事を読む

  • 2013/02/16その他

    5五の龍(1)[Kindle版]posted with ヨメレバつのだじろう ゴマブックス株式会社 2015-10-14 Kindle 対象棋力:将棋倶楽部24の10級くらいは必要かも週刊少年キングで1978年から1980年にかけて連載された将棋漫画。<あらすじ>真剣師を生業とする父親のおかげで貧乏を強いられている少年 駒形竜(主人公)。ある日、父親が自分に将棋で勝てば真剣師をやめると約束する。それをきっ...

    記事を読む

  • 2013/01/18その他

    月下の棋士 (1) (ビッグコミックス)posted with ヨメレバ能條 純一 小学館 1993-09 AmazonKindle 対象棋力:将棋の世界を題材にした人間ドラマなので将棋の知識はほとんど必要ありません1993年~2001年にかけて「週刊ビッグコミック スピリッツ」で連載された将棋漫画。<あらすじ>名人戦で村木武雄に敗れ、将棋界からも追放された御神三吉。それから30年後のある日、御神三吉の推薦状...

    記事を読む

  • 2012/06/23その他

    谷川浩司の本筋を見極める (NHK将棋シリーズ)posted with ヨメレバ谷川 浩司 NHK出版 2007-02-14 Amazon楽天ブックス 対象棋力:居飛車で将棋倶楽部24の6級以上阪田の満足度:80%2006年4月から9月までに放送されたNHK将棋講座「谷川浩司の本筋を見極める」を単行本化した本。将棋の本筋を「序盤編」「中盤編」「終盤編」に分けて解説。将棋初段くらいの人が、基礎力を見直すのに効果を発揮...

    記事を読む

ネット将棋攻略!早指しの極意(書評)


対象棋力:将棋倶楽部24の10級以上
阪田の満足度:★★★★



内容は終盤(攻撃)、終盤(守備)、序盤、中盤における、考え方や手筋を全25の極意に分けて紹介したもの。攻撃や守備というのは、つまり寄せや受け(凌ぎ)のこと。

タイトルは「ネット将棋攻略!早指しの極意」ですが、「早指し」や「ネット将棋」に限定した内容は、そんなに多くはないです。多くは終盤の手筋や、序・中盤の考え方が解説されていました。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

将棋に強くなる本(書評)

B000J8I0GE将棋に強くなる本―好敵手には読ませたくない (1979年) (ハウブックス)
柿沼 昭治
金園社 1979-04

by G-Tools

対象棋力:将棋倶楽部24の4級~
阪田の満足度:★★


内容は前半3分の2が将棋に強くなるための序盤・中盤・終盤の考え方で、後半3分の1が40年前に流行っていた戦型一通りの駒組み又は仕掛け段階の解説と、アマ強豪だった著者の自戦記です。

初段になりたい人や、それ以上に強くなりたい人に共通する、将棋の強くなる考え方がいろいろと書かれてあるのですが・・。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

5五の龍【書評】


対象棋力:将棋倶楽部24の10級くらいは必要かも

週刊少年キングで1978年から1980年にかけて連載された将棋漫画。

<あらすじ>
真剣師を生業とする父親のおかげで貧乏を強いられている少年 駒形竜(主人公)。
ある日、父親が自分に将棋で勝てば真剣師をやめると約束する。
それをきっかけに将棋の猛勉強が始まるが、やがて奨励会を目指し、いつしか夢は専門棋士になることへと移り変わっていく。主人公を中心に奨励会の厳しさを描く物語。

<感想>
ストーリーは奨励会での昇級を目指す主人公(駒形竜)の日々の対局と、それを取り巻く将棋界という特殊な環境での出来事が二本柱。

対局は実際に盤駒を使って並べないと状況がわからないくらいの将棋色コテコテの内容。

もともと将棋三段の著者(その後四段に認定された)が田中寅彦四段(当時)などプロ棋士を動員してまで作った局面で、力作であることは重々理解できます。

しかし、興味がない戦型について考えたり、その解説を読みたい人というのは将棋ファンでも少ないかもしれません。奇襲、駒落ち、本格定跡と幅広く扱っているため、どれもこれもが中途半端に感じてそういう心境になりました。

個人的には5五龍中飛車は「GO!GO!龍」とかけていているため外せないので、棋譜は中飛車一本に絞ってくれていた方が読みやすく、繰り返して読み直したいという気になったと思います。

たびたび出題される次の一手問題は、初段前後の棋力があれば解ける問題ばかりで、こちらの方は気軽に楽しめる演出でした。

奨励会を舞台として描かれた日常生活の方は、実在の棋士が登場したり、実話を元にした話が展開されていたりして、奨励会というものを垣間見ることができます。

プロ棋士になる夢に一歩ずつ近付いていく者。その影に夢半ばに挫折していく者。そのあたりはリアリティに描かれている証なのか、湿った話も多いです。

最初は自己中心的で腹立たしい行動が多い主人公も自らの過ちに気付き少しずつ成長していく描写はなかなか好感持てます。

ラストはささやかなハッピーエンド。

最終話以降、駒形竜くんがどうなったのか。知りたい方はこの記事のコメント欄をご覧下さい。

まとめますと、奨励会を舞台に棋譜や次の一手がふんだんに盛り込まれた将棋漫画、それが「5五の龍」です。絵は如何にも昭和という感じです。

将棋漫画の先駆け的作品なので、将棋ファンならば知っておいて損はないでしょう。


<ツッコミどころ>

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

月下の棋士 【全32巻を読んでの感想】


対象棋力:将棋の世界を題材にした人間ドラマなので将棋の知識はほとんど必要ありません


1993年~2001年にかけて「週刊ビッグコミック スピリッツ」で連載された将棋漫画。

<あらすじ>
名人戦で村木武雄に敗れ、将棋界からも追放された御神三吉。それから30年後のある日、御神三吉の推薦状を持った青年(主人公 氷室将介)が奨励会入会を希望し将棋会館に現れる。

御神の二手目△9四歩を受け継ぎ、名人 滝川幸次との名人戦を目指す氷室の前には様々な過去を持った棋士たちが現れる。

棋士たちの姿を時には大げさに、時には実在する話を元に展開される物語。


<全32巻を読んだ阪田の感想>

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

谷川浩司の本筋を見極める(書評)


対象棋力:居飛車で将棋倶楽部24の6級以上

阪田の満足度:80%


2006年4月から9月までに放送されたNHK将棋講座「谷川浩司の本筋を見極める」を単行本化した本。

将棋の本筋を「序盤編」「中盤編」「終盤編」に分けて解説。

将棋初段くらいの人が、基礎力を見直すのに効果を発揮しそうな本です。例として扱われている局面の半分ほどが相居飛車なので居飛車を指す人向けの本でしょう。

序盤編と中盤編の内容の6割くらいはある局面からその後の手順数手を説いた手筋本のような構成で、手筋本と違うのは説いているのが格言や手筋ではなく本筋であること。

そのため有名な定跡手順が幾つも解説されていますが、対抗形の話は振り飛車ばかりやっていた私にとって復習になるし、「矢倉の考え方」「位の働き」の話はこれから居飛車に転向しようとしている私にとって形を大まかに知ることができるとても良い機会になりました。

他の4割くらいの内容にもおもしろいことが書かれてあります。序盤編のオープニング「戦型は4手で予測しよう」は本筋の真髄のような知識で、それ知ったおかげで居飛車への転向がスムーズにいってます。中盤編のラスト「カウント法による形勢判断」は役立つのかどうかは今のところ判断できませんが斬新な考え方でかなりおもしろいです。

終盤編については、他の終盤本に比べるとボリュームが少ないこともあり見劣り感が否めません。また第4章までは私にとって目新しい知識も少なかったです。(終盤本をあまり読んだことがない人には良い内容なのかもしれない)それでも悪くなった時の考え方を説いた第5章「終盤における方針の立て方」や自戦解説の第6章「実戦に見る終盤戦」には充分満足しました。

私の中では序盤編への満足度90%、中盤編の満足度80%、終盤編の満足度70%で全体の満足度を80%とさせて頂きました。

まえがきに「正しい考え方を知ることで楽しさが増す」旨が書かれていた通り、私はこの本の序盤編を読み今までテキトーに指していた序盤がとても楽しくなりました。

ただし、まえがきに「初心の方にもわかりやすく書いた」旨がありますが、本当の初心者が読んでも難しいことだらけでしょう。将棋倶楽部24の6級以上(町道場1級以上)くらいが対象棋力だと思います。

将棋初段くらいの人を対象に序盤の考え方を説いた本は少なく、これから居飛車に転向しようとしている時期にこの本に出会えたのは幸運でした。


<各章ごとの感想>

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ
Copyright © 将棋のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます