カテゴリ:入門書

  • 2010/06/11入門書

    はじめてでもたのしめるかんたんマスター将棋posted with ヨメレバ木村 一基 新星出版社 2010-05 AmazonKindle楽天ブックス 対象棋力:中学生以上で、将棋をルールから覚えたい人 初心者へのおすすめ度:90% 木村一基八段監修で、椎名龍一さんが執筆した将棋の入門書です。 椎名龍一さんは将棋の観戦記者であり、著書の「1手詰入門ドリル」「3手詰入門ドリル」は初級者の気持ちをよく理解...

    記事を読む

  • 2010/04/18入門書

    羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門 (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)posted with ヨメレバ羽生善治 池田書店 2009-12-01 Amazon楽天ブックス 対象棋力:中学生以上の字を読むのが苦にならない初心者 初心者へのお勧め度:70% 「駒の動かし方や将棋のルールは一通り覚えた、しかし、どのような方針で指せばいいのかわからない」という将棋を覚えた人の全てがぶち当たる壁...

    記事を読む

  • 2009/12/21入門書

    一人で学べる!強くなる将棋入門posted with ヨメレバ行方 尚史 日本文芸社 2009-02 Amazon 対象棋力:将棋倶楽部24の14級~12級、ヤフーの緑と青 お勧め度:50% タイトルに「将棋入門」とは言ってますが、駒の動かし方さへわからない人が読むには、難易度が高過ぎると思います。また、ほとんどの漢字にルビは振っていないことからも、大人向けの本です。 第1章は、初心者を対...

    記事を読む

  • 2009/05/23入門書

    ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門―ルールと戦法完全マスターposted with ヨメレバ羽生 善治 くもん出版 2006-02-01 AmazonKindle楽天ブックス 対象棋力:将棋倶楽部24の初心~15級、ヤフーの緑 初心者へのおすすめ度:60% 現在(2009年5月23日)Amazonの検索画面で、「将棋」と入れて検索ボタンを押すとこの本が一番上に紹介されます。 実物は「将棋世界」よりも微妙...

    記事を読む

  • 2009/03/31入門書

    佐藤康光の将棋を始めよう (NHK将棋シリーズ)posted with ヨメレバ佐藤 康光 NHK出版 2008-08-08 Amazon楽天ブックス 対象棋力:将棋倶楽部24の初心~15級、ヤフーの緑 初心者へのお勧め度:70% これから将棋を始めようという方で、文字を読むことが苦にならない方におすすめできる入門書です。 表紙の絵はかわいいし、はじめて出てきた漢字にはルビが振られてはいるのですが、難しい言葉...

    記事を読む

はじめてでもたのしめる かんたんマスター将棋(書評)


対象棋力:中学生以上で、将棋をルールから覚えたい人

初心者へのおすすめ度:
90%



木村一基八段監修で、椎名龍一さんが執筆した将棋の入門書です。
椎名龍一さんは将棋の観戦記者であり、著書の「1手詰入門ドリル」「3手詰入門ドリル」は初級者の気持ちをよく理解して書かれたとても素晴らしい本です。
さて、この「はじめてでもたのしめる かんたんマスター将棋」もとても素晴らしい本に思えました。

素晴らしい点を列挙しておきます。
・フルカラーで、多用されている盤面がとても見やすい。
・文章が簡潔に書かれてあり、わかりやすい。
・ひとつのテーマの解説の後には必ず練習問題がある。


以上の3点はどれも秀でており、3点目に関連するのですが、読者に考えさせながら話を進めている構成は、読み終わった後の理解度という点からも優れている入門書だと思います。その中でもレッスン2は最高の出来です。将棋を覚えたばかりの初心者は駒を取るという指し手を好みますが、その初心者の習性をうまくつき、「どの駒をとれますか?」みたいな問題で、うまく初心者に駒の動かし方の習得を加速させていると思います。

レッスン3も素晴らしい出来です。初心者は駒をポロポロ渡してしまうものなのですが、それが良くないことを可能な限りわかりやすく解説されてあると思います。初心者脱出のための良い内容です。

おすすめ度を100%にしなかったのは、初心者を将棋好きに変える原始棒銀とその受け方が書かれていなかったことが理由です。正確にはそういう局面もさりげなく書かれてあるのですが、原始棒銀をかじれる程度の内容ではありませんでした。

全体的には1問だけ有名な7手詰めが出てくるくらいで、他は最後の方で簡単な3手詰めが出題されている程度の極めて初歩的な内容ばかりです。
「これから将棋をルールから覚えたい」という人を対象にした内容で、そういう方に安心しておすすめできる本です。ただし、ほとんどの漢字にルビは振っていないので中学生以上~大人用です。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方入門(書評)


対象棋力:中学生以上の字を読むのが苦にならない初心者

初心者へのお勧め度:
70%


「駒の動かし方や将棋のルールは一通り覚えた、しかし、どのような方針で指せばいいのかわからない」という将棋を覚えた人の全てがぶち当たる壁に応えてくれそうなのが、この本です!

さて、プロローグは「ヒモをつける」「小さい駒から攻める」という将棋の重要項目について書かれてあります。

第1章は角頭を守る重要性と「初手はどう指すべきか」について説かれています。「初手はどう指すべきか」は、初手で指すことができる初手の多くについて疑問手か好手かを解説しており、とてもおもしろかったです。

第2章は序中盤における大駒の効用や、その力の発揮のさせ方が、第3章では小駒の序中盤での役割が、第4章では玉の効率的な守り方が書かれてあります。

第5章ではいよいよ初手からの指し方が「矢倉」「居飛車対振り飛車」「相掛かり」に分けられて書かれてあり、それは初心者にとって充分ありそうな局面が紹介されてあります。

第6章では「棒銀戦法」「右四間飛車戦法」「石田流」が紹介されており、初心者の方を勝利に導こうという書き手の姿勢が垣間見えました。個人的には「石田流」は普通の石田でなく、筋は良くないですが早石田を解説するのもおもしろかったかもとは思いました。(※この本では普通の石田流が書かれてあります。)

将棋序盤の指し方入門 羽生善治のみるみる強くなる全体的には書かれてる内容の一つ一つが、初心者にとって筋の良い指し方を身に付けることができる、とても素晴らしい内容だと思います。
ただ、文章にくどい印象を受けました。

そのためか、通常の定跡書と同じか、それ以上に文字の数が多く、また、最初に出てきた漢字以外にはルビは振ってませんし、難しい言葉が使われていることからも中学生以上の人が読む入門書だと思います。
それから、「問題演習があれば、もっと良かったのにな」とも思いました。

しかし、こういった初心者向けの序盤の指し方を説いた本というのは貴重で、まわりに将棋を教えてくれる人が居ない初心者にとっては、とても良い本になるかもしれません。繰り返しになりますが、書かれている内容自体は、筋の良い指し方を身につけることができる、とても素晴らしい内容です。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

一人で学べる!強くなる将棋入門(書評)


対象棋力:将棋倶楽部24の14級~12級、ヤフーの緑と青

お勧め度:50%



タイトルに「将棋入門」とは言ってますが、駒の動かし方さへわからない人が読むには、難易度が高過ぎると思います。また、ほとんどの漢字にルビは振っていないことからも、大人向けのです。

第1章は、初心者を対象にした駒の動かし方やルールの解説ですが、10ページちょっとで書かれた急ぎ足の内容で、他の入門書に比べるとわかりにくい気がしました。

手筋や格言を解説するための図面では、私(アマ三段くらい)が気付かなかった手も幾つかありました。第2章~第5章は、アマ初段を目指す人たちにちょうどいいくらいの内容だと思います。

170ページの下段1行目「▲3九角成以下詰まされてしまいます。」は、「激指7」も詰ますことはできなかったので、NGのような気がします。

それから、第1章で将棋のルールを解説した直後に、第2章「プロの将棋を見てみよう」は、著者も重々承知して書いている新しい試みですが、さすがに無茶な気がします。先後共に名前があるのかさへ怪しい相居飛車の陣形で、投了図も「え?ここで投了?」みたいな感じの難しい棋譜です。勝負の流れを理解してもらうのが目的のようですが、少なくとも私には難しく感じました。

第6章の詰将棋は答えを確認しながらのタイム(解説は読んでいない)ですが、1手詰全16問を2分6秒で、3手詰全24問を6分39秒で時終えました。私の感覚では初級者向けの難易度だったと思います。1手詰にはパズル的要素のある問題が数問あったり、3手詰の幾つかは、2手進めると1手詰に出てきた問題と同じ形になるものがあったりと、この章は楽しくて良い感じでした。

一人で学べる!強くなる将棋入門最後の第7章では将棋倶楽部24が紹介されており、入会手続きからログインまでが書かれている程度ですが、将棋倶楽部24を紹介するという他の本に見られなかった着眼点はすばらしいと思います。

まとめますと、この本は駒の動かし方やルールは知っていて、(有段者から本格的に教わっていない)友達の間で将棋天狗みたいな人が、読んで役に立つだと思います。

この本は、著者と記されていた行方尚史八段が全く関与していない等の理由により、絶版となりました。(2011年2月5日 追記)

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

ハンディ版 スグわかる!まんが将棋入門(書評)


対象棋力:将棋倶楽部24の初心~15級、ヤフーの緑

初心者へのおすすめ度:
60%



現在(2009年5月23日)Amazonの検索画面で、「将棋」と入れて検索ボタンを押すとこの本が一番上に紹介されます。
実物は「将棋世界」よりも微妙に大きく、400ページ近くものボリュームがあり、ほぼ全ページが赤と黒のツートンカラーで、中身も見るからに力作です。

本の構成は、2~5ページのマンガを読んだ後、マンガでない詳しい解説が4~8ページほど続くという流れの繰り返しです。

マンガは「ドラクエ」を意識したようなロールプレイングゲームのノリで、金の駒のキャラクターもゴールドマン(「ドラクエ」に出てくるモンスター)みたいなのが出てきてます。桂馬の駒のキャラクターが忍者であるのは笑えました^^

「まんが」と強調されていますがページ数の3分の2以上は普通の入門書で、重要なことは「まんが」ではない部分に書かれています。

「まんが」の部分はエンディングもわけがわかりませんでしたし、(「まんが」でない部分にぎっしり書かれてある文字を読むのに疲れるので)息抜きのために用意されているのだろうと解釈しました。

時々、「復習しよう!」と題して問題が出題されるのは、さすが「くもん式」で考えさせることにより初心者を成長させてくれます。

私は初心者ではないので、この本を初心者にとって良書であるのか否かを判断することはできないのですが、それぞれの駒の特性や簡単な棒銀戦法に触れてありますし、初心者に必要なことは一通り書かれてあると思います。(字数は「まんが」でない普通の入門書よりも多いかもしれません。)

それから、全ての漢字に振り仮名がありますし、マンガの内容からも、どう考えても小中学生向けの内容だと思います。

Amazonの「本 > こども > 遊び・工作 > 一般 」というカテゴリーの中で現在(2009年5月23日)3位であることも付け加えておきます。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

佐藤康光の将棋を始めよう(書評)


対象棋力:将棋倶楽部24の初心~15級、ヤフーの緑

初心者へのお勧め度:
70%



これから将棋を始めようという方で、文字を読むことが苦にならない方におすすめできる入門書です。

表紙の絵はかわいいし、はじめて出てきた漢字にはルビが振られてはいるのですが、難しい言葉が出てきたり、解説がとても理屈っぽいので、大人向けの入門書だと思います。(字数が多いので子供向けとは言えません)

第2章、第3章は、初心者脱出に役立ちそうなことがたくさん書かれてあります。特に第2章は駒ごとの特性(長所、短所)がわかりやすく書かれており、それを覚えるだけでも初心者脱出は間近です。また、第2章の「棒銀」とその受け方について書かれてある126頁~131頁は初心者必見ものです。

NHKテレビ講座を書籍化しているためか、第1章の将棋のルールの説明は映像あればこの本の進行でわかりやすかったと思うのですが、文章だけになると妙に理屈っぽい印象を受けました。

この本の中で、佐藤永世棋聖が最も強調したかったのは、第2章の「駒の点数表」だと思われます。これが忘れた頃にたびたび登場するのですが、それが繰り返し学習の効果を期待でき、1冊を読み終えた時には初心者の方も駒の損得勘定ができるようになっているでしょう^^

偉そうに注文をつけますと、本の内容は良いことがたくさん書かれてあるのですが、それが読ませることばかりですので、練習問題を数十題、盛り込んでほしかったところです。

それでも、将棋の攻めの基本手筋を教えている第二章、相手玉を寄せる超基本テクニックを教えている第三章は、初心者脱出を達成したい方におすすめです。

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ
Copyright © 将棋のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます