カテゴリ:阪田の棋譜掲載記事

激指7五段+と戦ってみた

激指7 開始局面

激指7は10年以上前のソフトですが、知っている人は多いと思います。

確か、激指シリーズで好評の「実戦詰将棋道場」が収録されたのも激指7からです。

当時、私は将棋倶楽部24で3級(最高2級)でしたが、これ以上強いソフトが出ても、その指し手の意味を理解できるユーザーはほとんど居ないので、どれほどの意味があるのだろうかと疑問を持っていたりしました。

激指7がどのくらい強かったのかというと。激指は「5」を発売する7か月前に、アマ竜王戦全国大会ベスト16の実績を残していて、それよりも200点くらい強いのが激指7ということになります。

当時、将棋倶楽部24では2700点以上ならばプロレベルだと言われていたのですが、MAX2800オーバーでソフト指しの噂の絶えない人が居て、そいつが使っていたのが激指7だともっぱらの評判でした。

さっき将棋倶楽部24の名簿を確認したところ、検索ボックスにそいつの名前を入力して、スイッチオンしてみたところ、ヒットしませんでした。噂は本当だったということでしょうか。


さて、そんなに強いソフトに将棋倶楽部24の二段が勝てるとか言っても、信じ難い話かもしれません。

私も自分が勝つまではそうでしたから、気持ちはわかります。

将棋倶楽部24で3級と二段は500点しか差はないのですが、激指7に対する認識はコロッと変わりました。

» 記事の続きを読む

タグ

昔の将棋ソフトで練習してます

激指4に勝利 20190122

最近はコンピュータ将棋を相手に練習しています。

棋力向上のためというよりも、棋力維持のために活用している感じです。

もちろん、ネット将棋も毎日のようにやっていますが、ネット将棋は何年もの時間が経つと、同じ段級でも同じ強さだとは限りません。

» 記事の続きを読む

タグ

BONANZA2.1と対局した

以前、このブログで、自分よりも少し強い将棋ソフトと対局することが、将棋に強くなる方法の一つであることを書きました。

それで、最近は激指4(最高四段)と時々指しているのですが、半分以上の対局は私の方が優勢以上になります。ところが、優勢以上になった対局の半分くらいは逆転負けを喫しています(笑)

年をとって、私の終盤力が落ちたのか、それとも単に激指の序盤は弱くて終盤が異常に強いだけなのか。

それはさておき、今日はBONANZA2.1と対局してみました。

bonanza2.jpg

» 記事の続きを読む

タグ

平成将棋合戦ぽんぽこと二枚落ちで指してみた

将棋ソフト「平成将棋合戦ぽんぽこ」と二枚落ちで対局してみました。

vsぽんぽこ 開始局面

» 記事の続きを読む

タグ

きのあ将棋で遊んでみた

ネット上で無料で遊べる将棋ゲーム「きのあ将棋」と遊んでみました。

きのあ将棋開始局面
きのあ将棋

» 記事の続きを読む

タグ

ハム将棋に裸玉で挑戦

ハム将棋に裸玉(玉将一枚)で挑戦してきました!


1.裸玉・・。何をどうやればいい?
ハム1

» 記事の続きを読む

タグ

将皇(Flash版)で遊んでみた

コンピュータと無料で遊べる将皇(Flash版)に、レベル6が追加されたという話を聞き、早速遊んでみました。

将皇
将皇
http://www14.big.or.jp/~ken1/application/shogi.html


まず、思ったことは、コンピュータは意外に時間を使います。使うと言っても、長くて1手20秒くらいです。

» 記事の続きを読む

タグ

東大将棋6と対局してみました

今回は2003年に発売された東大将棋6(私が持っているのは後に発売された廉価版)と対局してみました。

今日も元気に中飛車やってます。
今日も中飛車

» 記事の続きを読む

タグ

BONANZA1.0と対局してみました

自分よりも少し強いコンピュータ将棋と対局するのは良い練習になると思うのですが、そのコンピュータ将棋が全力で指した時に、自分よりも少し強いものがベストです。

明かな悪手を混ぜて指す相手に勝つことよりも、全力で指す相手に勝つことの方が満足感をはじめ、何かと良いからです。

私の場合、激指4、東大将棋6、そしてBONANZA1.0がベストの相手となりそうです。今日はBONANZA1.0と対局してみました。

開発者によると「Pentium4 2GHz,1手 18秒」の条件で、将棋倶楽部24で2400点だったそうです。

今回、私と対局したBONANZA1.0は1手の探索局面数が平均約1000万。


今回も得意の中飛車で勝負!
BONANZA戦も中飛車

» 記事の続きを読む

タグ

激指定跡道場4の四段と対局してみました

コンピュータ将棋との対局は、自分よりも少し強い相手とやるのが、良い練習になるのではないかというのが、私の持論です。

人を相手にそれをやると、負けてばかりで心が折れそうになりますが、コンピュータ将棋が相手だと、自分の方だけが大量に時間を使って考えることが出来るため、そのレート差は縮まり、結構勝てたりして、喜びも多いからです。

そういう納得するまで考える作業が、有効な将棋上達法のような気がしています。

さて、7月に発売された激指定跡道場4の四段と対局してみました。


得意の中飛車で勝負!
激指4四段に中飛車で勝負

» 記事の続きを読む

タグ

SDIN無料ゲームの将棋で遊んでみた

年末年始はネットで将棋を指しまくっていました。

年末は三間飛車を練習しようとどこかの将棋ファンを相手に試していたのですが、負けが込むとからだが反射的に中飛車を選ぶようになった次第。

それでヤフーモバゲー将棋で1600点台まで落としていた点数も、新年に入ってからは負けなしの10連勝で一気に1800点を超えてオレンジに昇格。

勘違いされてはいけないので書いておきますと、ちゃんと上級ラウンジで部屋を作って来る者拒まずでやってました(^^;

それで新しい場所も開拓しようと、SDIN無料ゲームというところでも遊んでみました。

ISDNと間違えそうな名前で覚えるのにほんの少しだけ苦労しました。

» 記事の続きを読む

タグ

四間飛車で激指二段を目指す物語(停滞期に突入)

みなさん、こんにちは。

年始に今年の目標を四間飛車オンリーで激指レーティング戦
二段を目標に掲げ、すでに1000局以上を指している者です。

私の目標が口先、否、指先だけでないことが下の成績表に
証明されています。

» 記事の続きを読む

タグ

角交換四間飛車を使って東大将棋6と対局してみた


藤井猛九段の「角交換四間飛車を指しこなす本」を読んで
2003年に最強コンピュータと言われた東大将棋6の最強
モードと対局しました。


そしたら下の結果になりました。

» 記事の続きを読む

タグ

角交換四間飛車で激指4に快勝


藤井九段の「角交換四間飛車で指しこなす本」で習得した
知識を激指4のレーティング戦で試しているのですが、
現在下記の状況。

角交換四間飛車106局目成績表

» 記事の続きを読む

タグ

四間飛車で激指二段を目指す あしたのためのその1


みなさん、こんにちは。

四間飛車オンリーで激指レーティング戦二段を目指して
いる者です。

初段になってから40日700局をこなし、遂に初段+
(1650点以上)に昇格しました。

» 記事の続きを読む

タグ

四間飛車で激指二段を目指す物語(定跡力大躍進中)


みなさん、こんにちは。

激指13のレーティング戦で毎日四間飛車をやっている者です。

1局5分ほどで終わるものですから、毎日十局以上を
こなしています。

適当に流しているので、それが棋力向上に繋がっている
のかどうかはよくわかりません。

ただ、下手っぴの時は変に肩に力を入れてやるよりも
数をこなすことが重要なのかもしれないと前向きに考え
ています。

実のところは楽しく継続出来ているので、それで十分で
普段はそれ以上のことを考えたことがありません。

それで下が私の激指13レーティング戦669局目の棋譜です。

» 記事の続きを読む

タグ

四間飛車で激指二段を目指す物語(変な相振り飛車)


前回は激指13の1級の相振り飛車はかなり変だと書きました。

どのように変なのかは下の通り。

» 記事の続きを読む

タグ

四間飛車で激指二段を目指す物語(わかったこと)


最近さぼり気味でしたが、四間飛車で激指二段に
なることがが私の今年の目標です。

それで最初、激指12のレーティング戦でやっていた
のですが、パソコンを軽くしようと入っているプロ
グラムを次から次に削除していたら、その中に激指
12も有って、40局ほどのレーティングデータと共に
この世から消え去りました(>_<)

よく覚えていませんが、確か2級付近に到達してい
たと思います。

それで激指13のレーティング戦で4級(1200点)
スタートからはじめました。

そしてチョチョイのチョイで44局で1544点まで上が
りました。

少しかっこつけました。44局でなんとか1544点まで
上がりました、に訂正します。

初段昇段に失敗すると、まあ、いろいろありまして
結局初段になるまでに90局を要しました。

激指レーティング戦をやっていてわかったことが
幾つかあります。

» 記事の続きを読む

タグ

あのコンピュータ対策はBonanza6にも通用する?

「電王Ponanzaに勝てたら100万円」という企画の初日に大ブレイクしていた戦術をBonanza6に試してみました。

阪田大吉 vs Bonanza6.0
(持ち時間:Bonanza⇒NPS約20万の1手5秒、阪田⇒無制限)


» 記事の続きを読む

タグ
Copyright © 将棋のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます