一番強い将棋ソフトはアマ何段? - 将棋のブログ

一番強い将棋ソフトはアマ何段?

1 Comments
最強の将棋ソフトはアマ何段相当か、こういう疑問を持っている人は少なくないようです。

結論から言うと、アマならば最高位である八段の強さです。(八段に認定されたアマは今のところ存在しない)

持ち時間が数時間でも並みのプロと互角かそれ以上という見方が一般的です。


その謎を解き明かす年表を作ってみました。


○2005年6月 アマ竜王戦全国大会に招待選手として出場した将棋ソフト激指がベストベスト16入り。←アマ県代表クラス(アマ四段相当)の棋力

○2005年9月 橋本崇載五段(当時)が将棋ソフトTACOSを相手に公開対局で苦戦。それを知った将棋連盟が許可なき棋士vs将棋ソフトの公開対局を全面禁止に。

○2006年 週刊将棋の企画でアマCOM平手戦として5対5を2セット行ったところ、コンピュータ側がアマ強豪に7勝3敗だった。←この時点でアマ五段以上?

○2007年3月に将棋ソフトボナンザと渡辺竜王が公開対局を行い渡辺竜王が大苦戦。(勝者は渡辺竜王)

○2008年1月に対局サイト将棋倶楽部24でソフト指し取り締まり委員会が立ち上げられるや否や、六段や七段のログイン数が激減。居なくなった人達の多くが名簿からも消えていた。(ソフト指しに対するペナルティが永久アクセス禁止でそれと無関係ではない?)←アマ六段以上?

○2008年5~11月に将棋ソフト激指がアマ名人と公開対局を2度行い連勝する。←アマ六~七段?

○2010年にコンピュータ将棋界の総力を尽くして出来上がった「あから2010」が清水市代女流六段に公開対局で勝利。

○2012年に行われた第1回電王戦で将棋ソフトボンクラーズが米長邦雄永世棋聖に勝利。


つまり最強の将棋ソフトはアマの段位ならば最高位である八段として異論は少ないでしょう。

また2013年2月現在の状況は、30秒将棋で最強の将棋ソフトよりも強い人間はアマプロ問わず存在しません。

1年前に最強の将棋ソフトだったボンクラーズが将棋倶楽部24で3300点を超えましたが(勝率.947)、当時人間の最高は3200点ちょっとでした。 ←30秒将棋ならば人類最強よりも強い

そしてプロが公開対局で将棋ソフトに勝ったのは2007年の話で、その時の将棋ソフトと現在最強の将棋ソフトの棋力差は30秒将棋だと32戦やって31勝1敗又は32戦全勝くらいの差があります。(全く大げさではありません)

それでも私は持ち時間が数時間だとプロが勝ち越せると考えていますが、将棋ファンの55%くらいはすでに将棋ソフトの方がプロよりも強いと考えているようです。

将棋ファンとして寂しいのですが、確かにここ6年近くもプロの方が将棋ソフトよりも強いことをアピール出来る対局結果がありません。


<参考資料>
第2回将棋電王戦の勝敗予想(人気ブログランキング)

※第2回電王戦は5対5のプロCOM平手戦。
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
通行人  
No title

GPSFishと激指12を対戦させて結果を教えていただけないでしょうか?暇があればでよいので

win版はこちらからDLできます
http://gps.tanaka.ecc.u-tokyo.ac.jp/gpsshogi/index.php?%A5%C0%A5%A6%A5%F3%A5%ED%A1%BC%A5%C9

2013/02/02 (Sat) 18:44 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く