【4月発売】マイナビ マイナビBEST将棋ワールドチャンピオン激指10優勝記念 - 将棋のブログ

【4月発売】マイナビ マイナビBEST将棋ワールドチャンピオン激指10優勝記念

0 Comments
B00BWBPTUMマイナビ マイナビBEST将棋ワールドチャンピオン激指10優勝記念
マイナビ 2013-04-26

by G-Tools

<阪田のコメント>
2010年末に発売されたWINDWS用「激指10」の廉価版。

私は「激指」「激指4」「激指7」「激指9」「激指11」「激指12」を持っています。

私の棋力では「激指7」までは一発を入れることができますが(奇跡に近い確率)、「激指9」はもはや勝てる代物ではありません。

「激指9」の時から機械学習による大局観の強化を取り入れたようです。

「激指9」と「激指10」の間に「激指 定跡道場2」が発売され、その時からさらに棋力が飛躍したというのは知る人ぞ知る話。

「激指10」と「激指11」の強さが大して変わらないというのも時々聞く話でした。(確かに最高棋力はどちらも六段+)

少なくとも自分の棋力と比較して「激指10」を弱いと言える人は居ないと思います。(米長永世棋聖も「激指10」を相手に30秒将棋で苦戦している旨をそのHPに書いていた)

逆に強過ぎるので、ある程度の棋力がないとそこから得られる満足感が少なくなるのも時々聞く話。

なんと言っても値段が魅力的ですね。(通常はamazonでも1万円前後)

それから、動作環境はメモリ512M以上となっていますが、メモリ512MのPCで最高棋力をストレスなく堪能するのは無理だと思います。

私はメモリ2GのPCで「激指9」と「激指11」を遊びましたが、「少し遅いかな」と思うくらいで、まあ、許容範囲内でした。

PCの性能が良いほどサクサク動くことを付け加えておきます。


-amazon商品紹介-
世界コンピュータ将棋選手権で4回の優勝を誇る将棋ソフト「激指」。2大世界大会連覇の記念版として2010年に発売されたシリーズ第10作「将棋ワールドチャンピオン 激指10 優勝記念版」が、お求めやすい価格で購入できる「マイナビBEST」で登場。フルプライス版と比べると3分の1以下のお値段ですが、仕様的な「制限」などはいっさいありません。六段+という同価格帯で販売されている他の将棋ソフトとは一線を画する棋力、そして、激指シリーズならではの多彩な機能を備えています。

動作環境:
CPU:Pentium III 800MHz以上
対応OS:WindowsXP/Vista/7/8
メモリ:512MB以上
HDD:600MB以上
メデイア:CD-ROM
ブログパーツ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く