第2回電王戦のすべて 第2局の感想

余談

「第2回電王戦のすべて」第2局には将棋ソフトponanzaを相手に佐藤慎一四段がどういう読み筋と形勢判断で勝負に挑んでいたのかが詳しく書かれています。

第2回電王戦で前バージョンの貸出がなかったのは佐藤慎一四段だけでした。

そのため、ponanza対策は一切書かれてありません。普通の棋士同士の自戦記みたいな内容でした。

双方の疑問手や敗着、それからコンピュータ特有の感覚が幾つか指摘されています。

その観戦記で先崎八段も双方の疑問手や敗着を指摘していました。

違う指し手が敗着として指摘されていた点は興味深いところ。

佐藤四段の自戦記を読む限り、武士と言うか職人魂みたいなものを感じます。

佐藤四段が敗着と指摘している一手は人間同士の対局ならば読み抜けで放った一手なので、悔いの残る一手として敗着だと思います。

しかし、相手はコンピュータ。そんなモンスターを相手に飽くまでもガップリヨツで戦いたかったのだなあ、と侍魂を見た気がします。

というのは、先崎八段の指摘する一手の方が入玉も視野に入る一手で、コンピュータは入玉を過小評価しているため、素人の私はコンピュータを相手にはそちらの方が惜しかったように思うからです。

そのあたりは実際に指していた人と、観ていただけの人との違いもあるのかもしれません。いや、やはり勝ち方への美学の違いが有るような気がします。

第2局の最後の方は佐藤四段がほとんど1分将棋となり形勢が急変したのは記憶に新しいところ。

将棋ソフトは終盤が異常に強いので、時間が有っても佐藤四段が勝てたかどうかはわかりませんが、途中までは素晴らしい棋譜で、その棋譜には時間が足りずに完成させることが出来なかった未完成作品というイメージがあります。

それにしても応援している棋士が負けたのに感動した対局はこれが初めてでした。

やっぱり一生懸命に戦っている人の姿には他人の心を動かすものがありますね。


ところでponanzaの開発者である山本氏は、本の中の50の質問の答えからも将棋好きでとても明るい人柄がにじみ出ています。(プロフィルにさりげなく書かれてある「運命は勇者に微笑む」は羽生三冠の座右の銘)

佐藤四段に練習用ソフトを貸し出していればもっと素晴らしかったのですけどね(^^)。

あと比較的どうでもいいことですが、「ponanzaの対局分析」の16手目での読み筋が実際に指した手と違っていたのがやや不思議。


第3局を読んだらまた感想を書きます。

「第2回電王戦のすべて」は今のところ私にとってはかなりおもしろいです。
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 管理人のみ閲覧できます
    2013/08/01 14:27
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿

トラックバック