脳トレ7手詰(書評)

詰将棋の本

難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆
満足度:★★★☆☆

内容


7手詰め、全100題。玉位置は全て三段目以内。


構成


1ページ1題。ヒント有。めくって次のページに解答解説。


書評


囲い形の問題図は少ないですが、香車が端に、桂馬が2一にある、いわゆる実戦形は多いです。

私が1題に要した平均時間と正解率は次の通り。

棋力 →将棋倶楽部24の初段
項目平均時間正解率
第1問~第90問1分39秒98.9%
第91問~第100問10分35秒100.0%
TOTAL2分33秒99.0%


まえがきに書かれてあった通り、第90問まではやさしい問題ばかりでした。そこまでは「5手詰ハンドブック」を読んだ時と同じくらいの平均時間です。

そして、まえがきに書かれてあった通り、第91問からは難しい問題が続きました。特に最後の5問が難しく全て10分以上考えました。

最後の10問は難しかったですが、他は簡単で7手詰の入門書として使うと良いと思います。


目次


まえがき
7手詰(100題)
あとがき
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする

コメント
コメント投稿

トラックバック