第3回将棋電王戦第4局の感想

電王戦
電王戦

4月5日(土)に神奈川県小田原市「小田原城銅門」で
行われた第3回将棋電王戦第4局「森下卓九段vsツツカナ」は
135手でツツカナが勝ちました。


これでコンピュータ将棋の3勝1敗と勝ち越しが決まりました。


第5局「屋敷伸之九段vsPonanza」は4月12日に
東京将棋会館で行われる予定。


<感想>
ツツカナ先手の序盤は矢倉24手組み▲3七銀型になりました。


序盤・中盤は森下九段の果敢な攻めが目立ち、
ツツカナにも微妙な指し手が幾つか出て、
互角の戦いに視聴者からのエキサイト伝わる
チャットが多かったです。


しかし、防戦一方だったツツカナが87手目に▲4四金と
攻めに転じると画面に表示されていたBonanzaの評価値は
確実にツツカナに傾きだし、差は開く一方となりました。


対局後の感想戦はほがらかな雰囲気に見えました。


ニコニコ生放送の来場者数は放送中に50万人越えと、
これまでの全4局中、最も注目されていたようです。


<激指13七段+の形勢評価グラフ>
第3回将棋電王戦第4局 形勢評価グラフ

※赤いラインは87手目▲4四金。

※後半のギザギザは同玉の一手の時のCOMの検討即打切り。


<電王戦関連の情報がたくさんあるサイト>

第3回将棋電王戦(詰将棋メモ)


<4月5日時点でのニコニコ来場者数>

第1局 ⇒ 350400

第2局 ⇒ 369114

第3局 ⇒ 299947

第4局 ⇒ 525459




関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2014/04/06 14:47
    結果は残念ではありましたが、勝負としてはとても面白かったです。
    森下九段も言ってましたが、少しリードしてもそこから勝ち切るのは
    凄く大変なんですよね・・。
    次も楽しみです。
コメント投稿

トラックバック