8月29日にニコニコ生放送で「将棋電王戦に関する記者発表会2014」が
放送されました。

番組の内容を要約すると以下の通り。

○5対5で電王戦をやるのは第4回が最後

○選抜メンバーは20代と30代前半で勝率が高く、将棋界の将来を背負う
棋士を含む

○メンバーの発表は10月12日。

○第4回のルール・開催時期などは第3回と同じ。

○第4回以降も5vs5は終わっても、別の企画を予定。

○2016年は竜王戦・名人戦に次ぐ賞金額の棋戦として
電王戦タッグマッチを予定(非公式戦)

○電王戦タッグマッチは全棋士参加ではなくエントリー制。

○それに先駆け9月20日(土)より電王戦3.2タッグマッチトーナメントを開催

<公式サイト>
電王戦タッグマッチ(ニコニコ)


<感想>
第3回電王戦よりも上位の棋士を選抜するとなると明らかにそれと
わかるようにするにはA級棋士で固めるとかそいう選抜になりそうです。

第4回の選抜メンバーはどうやらそういう無謀な方向ではなく、
コンピュータに勝てそうな棋士というコンセプト。

皆が期待する上位棋士はコンピュータ対策の時間を作り難いことが
考慮されていたようです。

電王戦も4回目になりますが、たぶん第4回が勝負としては
一番おもしろくなるのではないかと期待しています。


それから電王戦タッグマッチがそんなに盛り上がっていたことを
今日初めて知りました。

2016年からの本開催では竜王戦・名人戦に次ぐ賞金額と言うのだから、
只々驚くばかり。

それに先駆けて行われる電王戦タッグマッチ2014の9月20日
「1stROUND/Ablock」は大人気の加藤九段が出場しますし、
解説が藤井九段と三浦九段のコンビなので盛り上がることは必然。


関連記事
カテゴリ
タグ