只今注目の将棋の本(9月1日現在)

将棋の本ランキング
<楽天今週の第1位>

楽天ブックス(2014年8月25日-2014年8月31日)

第1位 角交換四間飛車を指しこなす本(藤井猛 著)【amazon6位】

第2位 将棋自戦記コレクション(後藤元気 著)【amazon12位】

第3位 将棋名人戦ー昭和・平成 時代を映す名勝負【amazon5位】

第4位 中村太地の角換わり 最先端への道案内【amazon19位】

第5位 羽生世代の衝撃 対局日誌傑作選(河口俊彦 著)【amazon3位】



amazon(2014年9月1日13時18分)

第1位 決断力(羽生善治 著)【楽天33位】

第2位 大局観(羽生善治 著)【楽天圏外】

第3位 羽生世代の衝撃 対局日誌傑作選(河口俊彦 著)【楽天5位】

第4位 羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門【楽天30位】

第5位 将棋世界ムック 将棋名人戦【楽天3位】



楽天ブックスでは藤井九段の「角交換四間飛車を指しこなす本」が
第1位に返り咲き!

いまのところ今年一番のヒット作のような気がします。

第2位には観戦記者後藤元気さんの「将棋自戦記コレクション」が
急浮上。

3位以下は新刊がならんでいますが、「将棋名人戦ー昭和・平成 
時代を映す名勝負」は集計期間に昨日1日しかかかって
いないのに第3位!

なお、先週発売された「将棋が強くなる詰将棋トライアル200」は
第8位、「振り飛車入門」は第10位でした。


amazonはすごいことになっています。

10年近く前に発売された羽生名人の「決断力」が第1位。

そして、その続編となる「大局観」が第2位に浮上。

その2冊が新刊を抑えて1位、2位を独占している状況は
なんだかおもしろいですね(^^)

「羽生善治のみるみる強くなる将棋 序盤の指し方 入門」も
amazonランキング上位の定番書籍。


<amazon本日の第1位>
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック