将棋電王戦FINAL 出場棋士発表会の感想

電王戦
10月12日にニコニコ生放送で2015年春に開催予定の将棋
電王戦FINALの出場棋士5名が発表されました。

出場棋士5名は以下の通り。


<出場棋士>

斎藤慎太郎 五段(順位戦C級1組、竜王戦6組 勝率.6739)

永瀬拓矢 六段(順位戦C級2組、竜王戦3組 勝率.6977)

稲葉陽 七段(順位戦B級2組、竜王戦2組 勝率.6846)

村山慈明 七段(順位戦B級1組、竜王戦4組 勝率.6568)

阿久津主税 八段(順位戦A級、竜王戦1組 勝率.6377)


<感想>
四、五段の若手棋士をズラッと並べてくるのかと思いきや
少しばかり意外な選抜。

選抜されている全棋士が、将来、タイトル戦に登場する
可能性がとても高い棋士であることはまちがいありません。

毎年、電王戦の1ヶ月前まで名人戦挑戦者争い又は残留争いに
忙しいA級棋士を今回も抜擢しているのが意外な理由の一つ。

前回同様、順位戦の各クラスから1名ずつの抜擢だったのは
偶然だったのか、これもまた意外。

「電王戦には勝つために出るのか、強くなるために出るのか」
の質問に永瀬六段が「強くなるためという発想がなるほどなぁ
と思いました」と返答していた時は笑いが込み上げ、これは
期待できそうだと思った次第。


関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック