只今注目の将棋の本(11月4日現在)

将棋の本ランキング
<楽天先週の第1位>

楽天ブックス(2014年10月27日-2014年11月2日)

第1位 将棋順位戦30年史(1998→2013年編)【amazon179位】

第2位 現代横歩取りのすべて(村田顕弘 著)【amazon192位】

第3位 渡辺明の思考 盤上盤外問答【amazon87位】

第4位 将棋順位戦30年史(1984→1997年編)【amazon167位】

第5位 居飛車穴熊の教科書(高橋道雄 著)【amazon294位】



amazon(2014年11月4日2時頃)

第1位 決断力(羽生善治 著)【楽天19位】

第2位 将棋世界 2014年12月号(Kindle版)【楽天-位】

第3位 プロの必至・しばり(将棋世界12月号付録)【楽天-位】

第4位 角交換四間飛車を指しこなす本(藤井猛 著)【楽天7位】

第5位 ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門(羽生善治 監修)【楽天-位】


楽天ブックスでは先月23日発売の「将棋順位戦30年史
(1998→2013年編)」が先週の第1位。

連鎖したのかその1ヶ月前に発売された「将棋順位戦30年史
(1984→1997年編)」も5位内に浮上。

5位内で最も古いのは「渡辺明の思考 盤上盤外問答」
ですが、それでも9月19日発売と新しい本が並んでいます。


一方amazonでは9年前に発売された羽生名人の「決断力」が
またもや1位に浮上。

amazonの月初めは将棋世界のKindle版とその付録が
1位、2位を独占することがほとんどお決まりですが、
「決断力」はそれらを押さえての第1位ですから驚き。

第4位の「角交換四間飛車を指しこなす本」は楽天でも
7位ですが、即効性のある序盤の本です。私も読みました。

余程評判が良いのか7月発売以来、常に上位ですね。

5位の「ハンディー版 スグわかる!まんが将棋入門」は
将棋入門書の定番。

入門書では他に「どんどん強くなる やさしいこども将棋入門」(7位)と
「羽生善治のみるみる強くなる将棋入門」(8位)も定番。



先週もでしたが、amazonでは新刊の勢いがいまひとつな感じ。




<amazon本日の第1位>
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック