電王戦リベンジマッチの予想など

電王戦


12月31日に行われる森下卓リベンジマッチ。

持ち時間3時間に秒読み10分という独特のルール。

そして継ぎ盤使用有りという独特のルールその2。

このルールで対局した時、森下九段は勝てるのか否か。

現在お聞きしているアンケートの結果を見ると、みんなの
予想がプロ棋士勝利に対して随分とシビアになってきた、
そんな感じです。

アンケート→ リベンジマッチ(森下卓九段vsツツカナ)

これまでのプロ棋士vsコンピュータを見てきたならば
そうなって当たり前です。


ところでコンピュータ将棋を計算機に例えているのを
よく目にしますが、私にとってその例えは違和感があります。

人間が計算機と計算の勝負をしても、機械はまちがえ
ないのだから、お湯をひっかける等、機械をぶち壊す以外に
勝つ方法はありません。

しかし、コンピュータ将棋は常に正解手を指せるわけ
ではありません。

これまで最強のコンピュータ将棋よりももっと強い
コンピュータ将棋が1年も経たない内に現れています。
(※同じ開発者のプログラムのバージョンアップ含む)

コンピュータ将棋は完璧に見えても実は完璧とはほど
遠く、つまり勝つ方法があるのです。(難しいというだけで)


さて、本題に戻りますが森下九段はツツカナに勝てるのか否か。

それを考える際にポイントとなるのが今回のルール。

まず、継ぎ盤を使った森下電王戦システムですが、その
普段やらないことをやって本当に強くなるのかどうかは
全将棋ファンの謎。

他人(観戦者)に気遣いながら指すとなると、むしろ弱く
なりそうな気がするのですが、どうなのでしょう?


次に秒読み10分ですが、そこは森下九段勝利にかなり
有利に作用しそうなポイント。

これまでのプロの敗局のうち半分以上が時間に追われて
悪手を指して負けています。

時間に追われなかったらプロ棋士が勝ったのかどうかは
わかりませんが、少なくともそのことがプロ敗北への
分かれ道になったことだけは確か。

私は継ぎ盤を使わずに単に秒読み時間を増やすだけで
プロ側はかなりパワーアップするのではないかと考えています。

しかし、このルールにも欠点がありました。

PVで永瀬六段が「終わるんですか?それ」と言ってた
シーンやアンケートのコメントを見て私も気付いたのですが、
単純に1手10分で100手進めたとして1000分即ち16時間
40分が掛かります。

しかも、第2回電王戦第3局の船江五段vsツツカナを見れば
わかりますが、コンピュータの粘りはただ事ではなく
森下九段が勝つ場合は150手とか180手くらい掛かる
可能性があります。

そうなると人間側にとっては非常に厳しい状況で、当初の
予定とは裏腹にヒューマンエラーが出やすい状況が予想
されます。


そのように考えると、森下九段が勝つパターンは序盤で
有利に展開し100手以内で勝つ展開、それが理想的です。

コンピュータを相手に勝つためには序盤で有利になる
ことは必須です。

そしてもうひとつ、重要なのが終盤で時間に追われないこと。


ところで、これまで結果として残っている事実は、
序盤で攻略されない限りはコンピュータが負けた
ためしがないことです。

第3回電王戦第4局の棋譜や対局後のインタビューを
見る限り、森下九段がリベンジマッチの序盤でコンピュータ
対策を成功させるのかどうかはかなりクエスチョン。


しかし、今回のルールでは終盤入り口で森下九段が圧倒的
優位を築いていなかったとしても、時間に追われることは
ないので、結構希望を持てそうな気もします。


そうは言ってもこれまでの電王戦の結果から考えると
森下電王戦システムをもってしても、現局面は評価値
600くらいでコンピュータ有利だというのが私の形勢判断。

いかがでしょう?

関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック