電王戦リベンジマッチは森下九段の判定勝ち の感想

電王戦
2月16日にニコニコ生放送「電王戦リベンジマッチ
森下卓九段vsツツカナに関する発表」で指し掛けの
局面からの指し継ぎは行わず、森下九段の判定勝ち
にすることが発表されました。

<理由>
○あとどのくらい掛かるのか検討も付かない。

○現局面は森下九段が圧倒的に優勢。

○森下九段のモチベーションが上がらない(?)

○指し掛けの局面をコンピュータ同士で指し継がせ
ると森下九段側の100戦100勝だった。その中で最長
400手以上掛かるものもあった。


<参考>
リベンジマッチ指し掛け一手前
次に後手の森下九段が△2三金と指して指し掛け


<感想>
指し掛けの局面はすでにツツカナが水平線効果を
時折見せていた状況で、続けたところでツツカナが
気の毒な状況になるだけです。

確かにツツカナの評価値はまだ逆転もあるような
数値に見えます。

数値だけで判断すると「まだ、勝負はわからない」
と判断する人も居るのかもしれません。

将棋倶楽部24で10級くらいの棋力があるのならば
現段階で手に入る最強ソフトを相手に指し継ぐと
私が言っていることの意味がわかるでしょう。

24で初段もあれば、余程ボーっとして間が抜けて
ない限り負けることはないでしょう。

モチベーションが云々と素人にはよくわからない
理由もありましたが、対局続行をしないことについては
個人的にノープロブレムですし、そちらの方が
良かったと思います。

続行してもみんなで何十時間も水平線効果を眺める
だけになる可能性も高そうでした・・(^^;

(GPS将棋と激指はそうなった)


なお、番組最後のアンケート結果は以下の通り。

判定番組満足度アンケート

いろいろな考えを持つ方が居るということでしょう。



関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック