第25回世界コンピュータ将棋選手権二次予選の感想など

本日の将棋の話題
5月4日に千葉県木更津市で第25回世界コンピュータ
将棋選手権二次予選が行われ、参加24チームのうち
8チームの決勝進出が決まりました。

二次予選は5月5日に行われます。

決勝進出の8チームは以下の通り。


<決勝進出チーム>

1位 Ponanza(8勝1敗)
2位 Awake(7勝1敗1分)
3位 NineDayFever(7勝2敗)
4位 Apery(6勝2敗1分)
5位 GPS将棋(6勝3敗)
6位 激指(6勝3敗)
7位 Selene(5勝4敗)
8位 YSS(5勝4敗)

参考サイト:第25回世界コンピュータ将棋選手権


<二次予選の主な話題>

○5回戦のPonanzavsAWAKEはPonanzaの時間切れ負け

指了図における激指13の判断
ponanza対AWAKE 指了図 激指形勢判断
※▲Ponanza△AWAKE

○Seleneが7回戦のひまわり戦で入玉将棋の宣言法で勝利
(コンピュータ将棋選手権史上初)

<参考記事>
Selene、歴史的快挙達成(コンピュータ将棋選手権ネット中継)

○8回戦で負けると予選落ち濃厚だったGPS将棋が
強豪AWAKEに勝利する劇的な結果。

○9回戦では5勝3敗同士の激指vsYSSは負けたほうが
決勝進出が危うくなる泣きたくなる組み合わせ。
結果は133手で激指勝利。(15年連続決勝進出)

○最終9回戦でGPS将棋がSeleneに勝利し6勝3敗で決勝進出

○もう駄目かと思われたYSSは同じ勝敗のひまわり
にソルコフで0.5ポイントを上回り第2回大会以降24年
連続ベスト8入り。

※ソルコフ=対戦した全ての相手の勝数の合計


<決勝に向けての総括など>

ベスト4以上は力が拮抗していますが、Ponanzaが
他よりも少しリードしている印象。

ハードの性能も他の3つよりも高いことなど、優勝
候補最有力であることはまちがいありません。

去年、一昨年も優勝候補最有力でしたが今年こそ
Ponanzaの初優勝があるのか否か。

最終9回戦全局終了直後に勝敗によって6位までは決定
していましたが、YSSが8以内に入れるのかどうか
結果発表までの約30分間をドキドキしながら待っていました。

毎年、なんらかのドラマが起こりがちなコンピュータ将棋
選手権決勝。

果たして、明日はどんなドラマが待ち受けているのか!?







関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック