将棋電王戦に関する記者発表会の感想

電王戦
6月3日にニコニコ生放送で将棋電王戦に関する記者発表会の模様が配信されました。



発表された内容は大雑把に書くと下の二つ。

○現役の全プロ棋士に参加資格があるエントリー制の新棋戦(公式戦)を開催

○新棋戦の優勝者は電王トーナメントの優勝ソフトと二番勝負(持ち時間8時間2日制の対局を2局)


新棋戦の名称は公募です。新棋戦の名付け親になるチャンス!

詳しくはコチラ→将棋新棋戦(niconico)


そして、現在エントリーされている棋士は


阿部光瑠五段、佐藤慎一五段、西尾明六段、豊島将之七段、深浦康市九段、藤井猛九段、屋敷伸之九段、佐藤天彦八段 三浦弘行九段 佐藤康光九段、谷川浩司九段、森内俊之九段、糸谷哲郎竜王の13名

まだまだ続々と参加意思表明中!


<感想>
5対5の電王戦は「もういいかな」と思っていたら、なんかスゴイのが企画されています。

タッグマッチとは比べ物にならないくらい、かなりいい感じ。

森内九段が参加しているとか、本当ですか?それ?、みたいなスゴイことになってます。

いや、本当に、自分の目と耳が信じられなくなって動画を何度も確認しました。

予選トーナメントは6月から開始されて、そのうち50~60局がニコ生で配信されるそうで、これは将棋観戦が忙しくなりそうです!(嬉しい悲鳴)

頂上決戦となる電王戦でのプロ棋士と将棋ソフトの対局に引分の結果の可能性を用意したあたりは憎い演出。いろいろな意味でそこは好手だと思います。

私も棋戦名を考えてみようかなっと。



関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック