絶対強くなる実戦詰将棋100(書評)

詰将棋の本

難易度:★★★★★★★★☆☆
満足度:★★★☆☆

内容


5手詰~15手詰まで、全100問。


構成


1ページ1題。各問題に題名がついており、それとは別にヒントと棋力判定の目安(〇分で○級)が書かれている。めくって次のページに解答解説。


書評


ooyamatumeshogi4.jpg

私が読んだのは上の表紙の本ですが、収録されている問題は同じ。あいさつ文は有吉九段だったのが、羽生名人に変わっているようです。

10年くらい前にはじめてこの本を読んだ時、当時の私の推定棋力は将棋倶楽部24の12~13級くらいでしたが、5手詰しか解く気になりませんでした。

現在は将棋倶楽部24の初段になりましたが、それでも手数の割に難しいと思いました。

1題に要した平均時間と正解率は次の通り。

項目問題数平均時間正解率
5手詰20問1分38秒95.0%
7手詰27問5分59秒92.6%
9手詰33問8分36秒90.9%
11手詰10問17分47秒90.0%
13手詰5問33分19秒60.0%
15手詰5問13分59秒80.0%
TOTAL100問8分55秒90.0%


駒を取る問題が比較的多いことや、攻め方ばかりでなく受けにも手数を伸ばすための好手が含まれていること、その2点が大山名人は好みだったのかもしれないと思いました。

例えば、11手詰と書いてあるのに9手で詰んでしまう手順しか思い浮かばないことが多々ありました。「受けの大山」と評されていた理由を垣間見た気がします。

ラストの問題である第100番は私は解けなかったのですが、答えを見た時に「こんなすごい手があったのか!」と感動を覚えてしまいました。40分考えてギブアップでしたが、3時間考えても正解筋は浮かばなかったでしょう。

この本を解いた後、ひとまわり成長したのではないかと充実感がありました。何よりも大山名人の作風を堪能できる所が最高です。比較的難しい問題集なので、有段者におすすめしたい一冊。


目次



詰将棋の規則
5手詰(20題)
7手詰(27題)
9手詰(33題)
11手詰(10題)
13手詰(5題)
15手詰(5題) 
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする

コメント
コメント投稿

トラックバック