もうすぐ第26回世界コンピュータ将棋選手権、参加チームは?

本日の将棋の話題
毎年ゴールデンウィーク中に行われることが恒例になっている世界コンピュータ将棋選手権。今年も開催されるようです。(開催期間は5月3日~5月5日)


昨年のベスト8である、PONANZA、AWAKE、NineDayFever、Apery、GPS将棋、激指、YSSは出場予定になっていますが、Seleneの名前が見当たりません。電王トーナメントにも出場しませんでしたし、どうしたのでしょうか?


参考:第26回世界コンピュータ将棋選手権
↑公式サイトの一番上「参加チーム」をクリックすると参加チームを見れます。


第3回電王トーナメントで2位だったnozomiは出場予定になっているようです。

同じく第3回電王トーナメントで有名になった技巧も出場予定になっているようです。

同じく第3回電王トーナメントで活躍したtanuki-の名前はありませんが、初参加で出場予定になっている「たぬきのもり」というのがどうやらtanuki-のグレードアップしたもの。PR文書はセンス抜群で一見の価値有り!

電王戦を盛り上げたツツカナと習甦の名前があるのも嬉しい限り。

やねうら王は例年通り参加していませんが、使用ライブラリで大活躍!

一方、Bonanzaも使用ライブラリでは健在ですが、出場していないことに寂しさを覚えます。


個人的には柿木将棋、AI将棋(YSSの商品版)、激指、GPS将棋といった昔からやっているソフトに馴染みがあり、私の棋力はそれらから鍛えてもらうことで向上したので、それらのソフトに頑張って欲しいと思う気持ちがあったりします。

しかし、新しいチームが活躍する傾向も強いコンピュータ将棋界。

今年はどのような結果が待っているのでしょうか。




関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック