第26回コンピュータ将棋選手権二次予選の感想

本日の将棋の話題
5月4日に第26回世界コンピュータ将棋選手権二次予選が行われ、参加24チームのうち決勝リーグ進出の8チームが決定しました。

決勝リーグは明日5月5日(木)に行われます。

棋譜や詳しい成績は下記の公式サイトでご覧下さい。

第26回世界コンピュータ将棋選手権


<上位の成績>
1位 技巧 9勝0敗
2位 ponanza 8勝1敗
3位 NineDayFever 6勝2敗1分
4位 大合神クジラちゃん 6勝3敗
5位 大将軍 6勝3敗
6位 Apery 5勝3敗1分
7位 うさぴょん2 4勝3敗2分
8位 読み太 5勝4敗

以上8チームが決勝リーグ進出

9位 激指 5勝4敗
10位 YSS 5勝4敗
11位 たぬきのもり 5勝4敗
12位 なのは 4勝4敗1分
13位 Qhapaq 4勝5敗
14位 AWAKE 4勝5敗
15位 GPS将棋 4勝5敗


<感想>
激指、YSS、GPS将棋と上位常連は微差で惜しくも予選落ち。習甦も4勝5敗で19位。

止められない時の流れに、なんとも言えない物悲しさを覚えた次第・・。

確かに技巧とPonanzaが抜きん出た存在に見えましたが、5位から11位くらいまではほとんど差がなかったように思います。

マシントラブルや開発者の駆け引きなど、プログラム以外の要因で勝ち負けが決まることも少なくない大会ですので、決勝では別の順位が出ることも充分に考えられるところ。

Ponanza対技巧の第2ラウンドは如何に?

果たして優勝するのはどのチームか!?

全コンピュータ将棋ファン必見の決勝リーグはニコ生でも中継されます。






関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック