みんなが今後の将棋ソフトに期待する棋力と大吉の本音 - 将棋のブログ

みんなが今後の将棋ソフトに期待する棋力と大吉の本音

2 Comments
清水市代女流王将VSあから2010の対局結果に衝撃を受けて、このブログで「今後の将棋ソフトに期待する棋力」と題してアンケートを実施したのですが、この上なく興味深い結果が出ました!

みんなが今後の将棋ソフトに期待する棋力

このブログだけで実施したアンケートなので、つまり将棋ファンのみがアンケートに解答してくれたことになります。
結果から、「名人を越えて欲しい」と「名人を越えて欲しくない」は、ほとんど真っ二つに意見が分かれたようです。

ぼくは「名人を越えて欲しくない」で、しかも「現状よりも強くなる必要もない」と考えています。個人的には、その強さには既にかなわず、これ以上強くなってもらっても今のままでもその利用価値は変わらないです。

将棋ソフトが名人より強くなると、ソフト指しがさらに増えて困ることは容易に予測できるのですが、将棋ソフトが名人より強くなってもたらされる効用ってなんだろう?というのがぼくの正直な気持ちです。

ネット将棋で、駒の動かし方さえ覚束ないどっかのノータリンが将棋ソフトを使って、善良な将棋ファンを小馬鹿にして遊んでいます。これって、そこそこ将棋に打ち込んだ人がやられたらわかるのですが、かなり不愉快です。人間を楽しませることが目的で作られていた将棋ソフトが、いつのまにやら人間に不快感を与える道具に変化しているあたり、何かの風刺映画でも見ているようです^^

あから2010の企画で将棋ソフトの棋力向上が人工知能の社会的貢献という大儀にいつの間にやらなっていますが、将棋ソフトはチェスソフト「ディープブルー」のアルゴリズムを真似することで最強になれることが証明された今、なんか説得力が・・、というのが本音です。
将棋ソフトの開発の本来の目的は、そんな大袈裟なものではなく、単純に将棋ファンを喜ばせることなのですから、これからも将棋ファンを喜ばせる方向で進んで欲しいです。

ぼくも自分の対局の棋譜解析や作った詰将棋の余詰め探索などで将棋ソフトを扱わない日がないほどの熱烈な将棋ソフト愛用家なのですが、名人を倒してしまうほどの棋力は望みません。尊敬している名人を倒して欲しくはありません。でも、楽しめる将棋ソフトは今後も作って欲しいです。

さて、今のはぼく一個人の意見で、何が正しいのかという結論は今のところ、誰も知らないかもしれません。他の将棋ファンの意見は十人十色で、アンケートを実施して本当に良かったと思いました。コメント欄もとてもおもしろく、勉強させて頂きました。一番おもしろかったのは、冒頭に述べたように、将棋ファンでもこのテーマに関しては意見が真っ二つに割れたということです。

「全知全能」を選ばれた、ある一人の方の「 限りがある分野はいずれそうなると思います。 」というコメントはとても詩的で、その通りだと思いました。
将棋ソフトに対しては「この先、何を求めて、どこへ行くのだろうか」という疑問がありますが、やはり究極を求めて全知全能に向かうのでしょうか。
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
qeikan  
No title

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいております。

今回の文章

1)将棋ソフトが現状よりも強くなるとソフト指しがさらに増えて困る

2)将棋ソフトが名人より強くなることでもたらされる効用に説得力を感じない

3)将棋ソフトの開発の本来の目的は将棋ファンを喜ばせること

4)尊敬している名人を倒して欲しくない

5)楽しめる将棋ソフトを作ってほしい

と、理解しました(間違いがあるならば指摘をお願いします)

個人的な見解をいくつか(長文ですいません)

1)については……ソフトの強さに関係なく、やる人はやるでしょうし、やらない人はやらない。

ソフト開発の問題ではなく、モラルの問題。
現状より悪化するかというと…それこそ今のソフトでも大抵の人間よりも強いわけで。
それに対抗するために、人間の平均値を、平均的なソフト以上に強化するのはどう考えても無理ゲーですしw
結局、有効なソフト指し対策が存在しない以上、モラルに期待するしかないんですよねぇ…

2)については複雑な問題です。

単純な話にすると、利点>欠点なのか、欠点>利点なのか、というだけなんですが…

とりあえず、利点と欠点を挙げてみました。

ソフトが強くなることの利点

人工知能の社会的貢献(笑)
マイコミの新商品開発(笑)

ソフトが強くなることの欠点

プロ、名人の権威の喪失
それに伴う将棋人口の減少
ソフト指しの増加

こんな感じではないでしょうか。

で、これは3)4)の話に絡んできます。

とりあえず3)についてです。

将棋ソフトの開発の本来の目的は将棋ファンを喜ばせること、とは単純にいえない。

研究対象としての将棋ソフトと、商品としての将棋ソフトは別に考えるべき。

たとえば、初期のボナンザは前者であって、後者ではない。
ウィキペディアによると、「作者は公開当時カナダ在住だった日本人の化学者保木邦仁。作成当時は将棋についてはほとんど知らないことも話題となった」そうです。

大吉さんの意見は(当たり前ですけど)将棋ファンから見たものだと思います。

コンピュータ開発の側からすると、「将棋で名人を超える」、という「未解決の課題」の解法を探ること自体が一つの目的足りうる。

その結果、どんなメリットがあるのか?

んなもんは知らん。

というのは割と冗談ではなくて、科学においては、ある問題を解決することよりも、その過程における試行錯誤自体が技術の進歩につながることがある。

定跡を覚えるよりも、はじめの型だけおぼえて実戦の数をこなしたほうが将棋の基礎体力が身につくようなもの…ちょっと、いやかなり違うかなw

しかし、そんなことのために俺の好きな将棋界を荒らすなぁ!というのは、将棋ファンなら感じて当然かと。
というか、ぼくもそれを感じてたりするわけですがw

で、商品としての将棋ソフトはこれとはまた別。

4)については…かなり同感であり、しかし、将来については悲観的にならざるを得ない…というスタンスです。

先ほど述べましたように、人間の成長よりも、おそらく、ソフト…というか、ハードも含めたコンピュータの成長が早いでしょうから…。
なるべくなら、そんな日は見たくないですが……

そうなったときには、強さに寄りかかってきた、プロ、名人の権威は喪失。
それに伴い将棋人口の減少が見込まれ、結果的に商品としての将棋ソフトの開発は終了するのでしょうけど…

5)については…かなり同感です。

僕は、激指 定跡道場2 優勝記念版を愛用していますが、便利です。

しかし、学習用教材としては……かなり微妙です。

たとえば、棋譜解析。
ソフトはどういう読みをしたのか、なぜ悪手なのか…ログ見ろといわれれば、それまでなんですが。
もっと、ユーザーフレンドリーであってほしい。

ど素人の初心者がせめて初級者レベルまで独習できる…そういう教育的なソフトがどれだけあるんだろうか?
本当の初心者が気楽に筋良く学んでいけるソフトはあるんだろうか?

どう見てもハム将棋です、本当にありがとうございました…となりそうですけど。

初級者が道場初段程度になるためのレベルとなると、さらに存在しなさそうです。
底辺の拡大、低級者の実力向上のためのソフトが欲しいなぁ、と思う私は24初心者です(涙

いきなり、言いたい放題で失礼いたしました。
今後ともよろしくお願いします。

2010/11/04 (Thu) 19:17 | EDIT | REPLY |   
阪田大吉  
Re: No title

保木さんのボナンザを作る過程を記した著書は読んでいます。保木さんも「社会的貢献が出来る人工知能の開発」なんて大袈裟な目的で将棋ソフトを開発していません。あれこそ、ただ自分が楽しむために本業とは全く別の、趣味で開発したプログラムなのです。

また、ソフト指しについては、もちろんそれを使う人のモラルの問題です。それが上の文章のひとつのテーマですので、補足しておきますと、多くの技術に言えることですが、すごくなり過ぎると、モラルが追いつかずに、悪用するための道具として使う人が増えるようです。つまり、今回のあから2010の対局で今まで関心がなかった人を爆発的なソフト指し増加の方向に巻き込んだでしょう。名人に勝てばさらに有名になりそれが加速するという推測です。

将棋ソフトは20年前から収集しており買った数は40本を越えています。将棋ソフトにとても感心があり、ネット将棋も散々やったという将棋ファンが、上の文章を読めば、ニヤッとするような言葉を、随所随所に織り込んだつもりです。むしろ、将棋ソフトやネット将棋のことをよく知っている人でなければ、理解が難しい部分もあったかもしれません。

当然、ぼくが書いていることが絶対的な考え方ではありません。文章も下手で、誤解を生んだ部分もあるでしょう。まちがったことも少なかれ書いているのかもしれません。意見は人それぞれで、ぼくの考えを他人に押し付けようなんて気は毛頭ありません。

一応、長文のコメントに感動し、上記の2点だけ補足説明させて頂きました。現在毎日350人前後(ありがたいことに日増しに増えています)の方が、新しい記事の更新を期待してくれていますので、この件につきましては、上記の返答でご容赦ください。

ぼくが書いたテーマにこれほど熱烈に考えて頂きましたことは大変うれしく思っております。これからもよろしくお願い致します^^

2010/11/04 (Thu) 21:08 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く