三浦九段、YAMADAこども将棋大会にサプライズ出演 - 将棋のブログ

三浦九段、YAMADAこども将棋大会にサプライズ出演

1 Comments
1月3日に行われた「YAMADAこども将棋大会」(特別協賛:ヤマダ電機)に、三浦弘行九段が一連の騒動後初めて、ファンの前に姿を見せました。


<ニュース記事>
三浦九段、スマホ不正使用疑惑晴れファンの前にサプライズ登場…高崎市でこども将棋大会(スポーツ報知)

三浦九段、地元のイベントに出演 ファンから拍手(毎日新聞)


<感想>
「名誉回復の機会に」と、強い要望で出演を依頼したヤマダ電機は素晴らしい会社だと思います。

笑顔で挨拶する三浦九段、すばらしい光景だと思います。カッコいい話です。



関連記事

Comments 1

There are no comments yet.
-  

「Master」を名乗る謎の囲碁アカウントが12月30日に囲碁サイト「東洋囲碁」に登場。瞬く間にトップ棋士を次々と撃破した。
新年早々の1月2日には井山裕太六冠とみられる人物と対戦し、この勝負の様子は囲碁サイト「野狐囲碁」で生配信され、世界中の4000人以上が見守った。
その顛末は高橋史彦氏が「ねとらぼ」に詳細に書かれている。
そして、遂に世界一位の柯潔九段も破って破竹の50連勝を成し遂げてしまった。
将棋でいうとまさに現在のPonanzaかそれ以上のレベルにあるだろう。
驚くべきはこうした囲碁界の反応だった。世界ランキングの上位を占める棋士たちが次々と対戦の順番待ちの行列に名を連ねたのだ。
いずれも無償どころか金を出してでも対戦してみたい一心だった。
将棋界との落差はあまりにも大きかった。
囲碁棋士のツイッターを見たら将棋のプロ棋士は恥ずかしくて顔を上げることもできないのではないだろうか

2017/01/05 (Thu) 12:20 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く