伊藤果に挑戦

将棋世界2011年1月号付録「タイムトライアル60 伊藤果に挑戦! 5・7・9手詰」に挑戦してみました!

5手詰20問、7手詰20問、9手詰20問が収録されており、5手詰と7手詰をセットで解いて次9手詰の解答結果を記事にしようと思ったのですが・・。

下が私の5手詰めの解答結果です。

伊藤果に挑戦 解答結果1

ちょ、、これ、難しくないですか??

入玉形こそないのですが、超ド級の大技が連発しまくって「ハイ一丁上がり!」みたいな・・。詰将棋なので大技が出るのは当たり前ですが、伊藤先生の考える大技はなんと言いますか、詰パラ系に共通するというか、よく盲点を付いてると・・。よく、こんな難しい問題を考えつくなと感心してしまいました(>_<)

さて、この付録は下の公式で棋力が判定されることになっています。

【あなたの詰将棋ポイント】=【正解数】×10-【所要時間(分)】

そして私の結果を上の式に当てはめますと

17(問正解) × 10 - 95(分) = 75(ポイント)

5手詰めのパートでは75ポイントとなりました♪


7手詰、9手詰も上の公式でのポイント計算になっており、それらの合計ポイントで棋力が判定されます。

ちなみに

571ポイント以上 ⇒ 神クラス(29分以内に全問正解、既にこの可能性は消滅しています^^)
421~570ポイント ⇒ プロクラス(もちろん、これも無理^^!)
251~420ポイント ⇒ 上級者(その響きになりたいのですが、これも却下^^!)
1~250ポイント ⇒ 中級者(2007年9月号付録ではココに判定されました。しかも10ポイントでギリギリ!)
0ポイント以下 ⇒ 初級者(絶対ココに判定されます。自信ありますT_T)

ということで、次回は7手詰20問にチャレンジします^^!

関連記事
カテゴリ
タグ