第4期叡王戦 本戦トーナメント抽選会の感想 - 将棋のブログ

第4期叡王戦 本戦トーナメント抽選会の感想

2 Comments
10月11日に第4期叡王戦の本戦トーナメント抽選会が行われ、ニコニコ生放送で放送されました。


<第4期叡王戦本戦トーナメント表>
第4期叡王戦 本戦トーナメント表

参考:第4期叡王戦(niconico)


<感想>
おもしろかったですね。

どういうわけか、右端のブロックが渡辺五段以外、なかなか決まりませんでした。

そのため、渡辺五段以外は全てシード棋士が名を連ねる大激戦必至のブロック。

屈指の好カードとする声が多かった3つの対局のうち、2つがそのブロックにあります。

そして、もう一つの好カードが藤井七段vs斎藤七段。

藤井七段側から見ると、リベンジマッチ。全将棋ファン必見!

10名くらいの棋士がティロフォンで登場したのですが、藤井七段が登場した時は画面いっぱいに感動詞の大洪水。番組を観ていて良かったと思った瞬間でした。

他にも永瀬七段の組み合わせを決める時はバナナの絵がいっぱい流れたり、松尾八段の時は「セクシー」という文字がいっぱい流れたりと、全ての棋士の時にその棋士と関係の深い言葉(主に愛称)が画面上にバリバリ流れるので、全国の将棋ファンと観てる感満載でとてもおもしろかったです。

時は群雄割拠の将棋戦国時代真っただ中。高見叡王に挑戦するのは誰なのか?

挑戦者予測不能の第4期叡王戦本戦トーナメントは10月に開幕します。


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
大山十五.3世  
No title

完全にフラットな抽選だったのですね。
もう少しタイトル保持者に配慮して、別のブロックに配してもよい様な気もしますが、これも叡王戦の特徴なのでしょう。全棋士にチャンスがあるとも言えます。

それにしても右端のブロックに、タイトルホルダーが偏りましたね。豊島二冠がここに入っていないのが残念です。 

2018/10/15 (Mon) 16:56 | EDIT | REPLY |   
阪田大吉
阪田  
Re:

前期ベスト4以上とタイトルホルダー(序列が高い順に5人)は、予選を免除されているので平等な気もする反面、それにしても固まりましたね。

やっぱり、ここ最近の活躍が著しい豊島八段の名前がないのは、多くの方が何かを思うところですよね。

予選で豊島八段に勝利した橋本八段が、どこまで進むのかも見どころのひとつになりそうです。

2018/10/16 (Tue) 01:05 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く