第90期棋聖戦二次予選(藤井七段vs大石七段)の感想 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » プロ将棋 » 第90期棋聖戦二次予選(藤井七段vs大石七段)の感想

第90期棋聖戦二次予選(藤井七段vs大石七段)の感想

12月26日に行われた第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選(藤井聡太七段vs大石直嗣七段)は、120手で藤井聡太七段が勝利しました。

トーナメント表:第90期棋聖戦二次予選(日本将棋連盟)
※藤井七段は「6」組

昼食:藤井聡太七段 “勝負メシ”は会館内の洋食店のサービスランチ


<感想>
戦型は大石七段が先手で角換わり。(相早繰り銀)

中盤以降は藤井七段ペースだったように思うのですが、藤井七段の72手△3九角打(飛車銀両取り)に対する、大石七段の73手▲4一銀打は確かに凄かったです。

「両取り受けるべからず」とは言ったものですが、飛車に当たっていたのに、それを実践しているところが本当に大技。

しかし、次の藤井七段の74手△3一金が冷静な一着。そして、82手△7一銀打が高見叡王が選んだ勝利の一手。先手の攻め足を鈍らせた好手。

局後に中村桃子女流が高見叡王に「勝利の一手はどれですか?」の旨の質問をさらっと聞いていた時には、AbemaTVトーナメントみたいになってきたぞと、笑いがこみ上げました。好手がわかりやすくてグッドです。

以降は藤井七段の寄せが的確で、最後は先手玉即詰みとなり120手で藤井七段の勝利。

藤井七段の次の相手は久保王将vs斎藤王座の勝者。

どちらもタイトルホルダー。藤井七段が居る「6」組は誰がどう考えても一番の大激戦ブロック。

藤井七段の対局は12月28日(金)にも棋王戦予選(vs村田顕弘六段)がAbemaTVで中継されますので、そちらも全将棋ファン必見!


<コンピュータの形勢判断>
棋聖戦二次予選 藤井七段vs大石七段 形勢評価グラフ
※青色はGPSfish、赤色はdolphin1
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

https://shogikisho.blog.fc2.com/tb.php/5845-e9dc4196

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月24日 △3三金型振り飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月24日 令和版 囲いの破り方 (マイナビ将棋文庫)
07月23日 将棋めし 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
07月19日 天才論
07月11日 誰も言わなかった右玉の破り方 (マイナビ将棋BOOKS)
07月11日 角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型 (マイナビ将棋BOOKS)
07月03日 将棋世界2019年8月号
07月01日 Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー
07月01日 將棋駒書体の背景 水無瀨(みなせ) 錦旗(きんき)
06月30日 将棋「観る将になれるかな」会議 (扶桑社新書)
06月26日 盤上のフロンティア: 若島正詰将棋新作品集
06月25日 羽生善治攻めの教科書
06月21日 藤井聡太全局集 平成30年度版
06月21日 最善手を探せ! 実戦次の一手トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)
06月19日 教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」 (講談社現代新書)
06月14日 NHK将棋講座 2019年 07 月号 [雑誌]
06月12日 中原VS谷川全局集
06月12日 さわやか流疾風三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
06月10日 居飛車 108のツボ
06月10日 ふみもと子供将棋教室の強くなる詰め将棋
06月03日 将棋世界2019年7月号
06月01日 はじめての1手詰 初級レベル1:子ども詰しょうぎ 1
05月30日 ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆
05月27日 谷川VS羽生100番勝負 (プレミアムブックス版)
05月23日 藤井聡太の鬼手 ~デビューから平成30年度まで~
05月23日 将棋戦型別名局集8 居飛車穴熊名局集
05月23日 ポケット3手詰
05月16日 NHK将棋講座 2019年 06 月号 [雑誌]
05月16日 急所を直撃!とっておきの雁木破り (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 升田幸三 振り飛車の神髄

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ