激指定跡道場4vsBonanza6 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » コンピュータ将棋 » 激指定跡道場4vsBonanza6

激指定跡道場4vsBonanza6

激指定跡道場4(2017年7月発売)とBonanza6(2011年5月)を手動で対局させてみました。

<設定>
激指定跡道場4pro+ 1手→10秒、探索並列度→自動検出
Bonanza6.0 1手10秒(NPS→約1800~2000K)




※棋譜を見るにはFlashが動作する環境が必要です。


■対局結果 ※()内は1局での使用時間
1局目 → ▲激指(4分22秒)△Bonanza(6分00秒) 136手で激指の勝ち
2局目 → ▲激指(5分57秒)△Bonanza(9分07秒) 156手で激指の勝ち
3局目 → ▲激指(8分17秒)△Bonanza(11分26秒) 188手で激指の勝ち
4局目 → ▲激指(4分47秒)△Bonanza(8分46秒) 142手で激指の勝ち
5局目 → ▲激指(4分23秒)△Bonanza(7分33秒) 124手で激指の勝ち
6局目 → ▲Bonanza(7分29秒)△激指(4分01秒) 121手で激指の勝ち
7局目 → ▲Bonanza(7分53秒)△激指(4分11秒) 121手で激指の勝ち
8局目 → ▲Bonanza(8分06秒)△激指(4分59秒) 129手で激指の勝ち
9局目 → ▲Bonanza(5分36秒)△激指(3分48秒) 133手で激指の勝ち
10局目 → ▲Bonanza(7分41秒)△激指(4分18秒) 129手で激指の勝ち

激指定跡道場4の10勝0敗


<雑感>
激指は序盤はほとんど時間を使わず、終盤にたっぷり時間を使ってくる、そういうソフトです。

私のPC上においては、序盤は定跡から外れても1手3秒以内くらいには指します。

終盤は激指が優勢ならば1手10秒前後で指しますが、負けてる時や、入玉形ではかなり考えます。

特に入玉形になると1手10分以上考えることもあります。(そうまでして負けたくないのか、みたいなすごいことになります・笑)

だからと言って、10秒で考えた手と同じ手を指すことが頻繁で、稀に起死回生の一手をひねり出してくることはありますが、本当に稀です。

したがって、私のPC上では1手10秒で指させても、pro+の実力はそこまで変わらないので、その条件のもとでBonanzaと対局させてみました。

1局の流れは、相矢倉や四間飛車などの古い定跡形になり、定跡から外れると10秒パンパンに考えるBonanzaに対し、激指は1~3秒でぱっぱと指すものだから、中盤ではBonanzaが200点前後有利になります。

そして、終盤が近づいてくると、激指が本気を出して5~9秒を使って指すようになり、いつしかBonanzaが逆転されていることに気付いてない状況が訪れ、その数手先にBonanzaの評価値が急激に激指側に傾きだす、これがありがちな1局の流れです。

激指は序盤が下手というわけではないのですが、序盤はぱっぱと指す習性があり、序盤でリードされがちです。それは棋風なのか、昔からです。

不利になってくると時間を使って考えるようになったり、不利な局面で長考している時に一瞬でも評価値的に良い手がチラつくと、じっくり検証することもなく、その手に飛びつきます。勝負手でしょうか。思考画面を見ていると、一連の動きがまるで人間のようです。

激指定跡道場4

Bonanza6は2011年5月の公開からしばらくは、将棋ソフトに興味を持つ多くの人にとってカリスマ的な存在でした。Bonanza6を改造したのが、米長永世棋聖に勝利したボンクラーズらしいです。

なお、ボンクラーズは将棋倶楽部24に公認で放流されていましたが、30秒将棋で勝ち越せることを証明できた人は居ませんでした。

最初は3000点クラスの猛者たちがこぞってチャレンジしてましたが、皆、ポコポコヘッドのパチパチパンチでやられてました。(ごくまれにですが、人間が勝つこともありました)

Bonanza6の強さはそれよりもマイルドなはずですが、それでも30秒将棋で勝ち越せる人が居るという話を聞いたことはありません。

そんなBonanza6も、その6年後に発売された激指定跡道場4とは、将棋倶楽部24の点数で換算すると400点以上の差がありそうです。

関連記事

コメント
非公開コメント

 今のソフトはもはや人間が勝てるレベルではなくなりました。

2019-01-04 21:53 │ from -

トラックバック

https://shogikisho.blog.fc2.com/tb.php/5856-6e5309d9

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月24日 △3三金型振り飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月24日 令和版 囲いの破り方 (マイナビ将棋文庫)
07月23日 将棋めし 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
07月19日 天才論
07月11日 誰も言わなかった右玉の破り方 (マイナビ将棋BOOKS)
07月11日 角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型 (マイナビ将棋BOOKS)
07月03日 将棋世界2019年8月号
07月01日 Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー
07月01日 將棋駒書体の背景 水無瀨(みなせ) 錦旗(きんき)
06月30日 将棋「観る将になれるかな」会議 (扶桑社新書)
06月26日 盤上のフロンティア: 若島正詰将棋新作品集
06月25日 羽生善治攻めの教科書
06月21日 藤井聡太全局集 平成30年度版
06月21日 最善手を探せ! 実戦次の一手トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)
06月19日 教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」 (講談社現代新書)
06月14日 NHK将棋講座 2019年 07 月号 [雑誌]
06月12日 中原VS谷川全局集
06月12日 さわやか流疾風三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
06月10日 居飛車 108のツボ
06月10日 ふみもと子供将棋教室の強くなる詰め将棋
06月03日 将棋世界2019年7月号
06月01日 はじめての1手詰 初級レベル1:子ども詰しょうぎ 1
05月30日 ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆
05月27日 谷川VS羽生100番勝負 (プレミアムブックス版)
05月23日 藤井聡太の鬼手 ~デビューから平成30年度まで~
05月23日 将棋戦型別名局集8 居飛車穴熊名局集
05月23日 ポケット3手詰
05月16日 NHK将棋講座 2019年 06 月号 [雑誌]
05月16日 急所を直撃!とっておきの雁木破り (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 升田幸三 振り飛車の神髄

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ