激指定跡道場4vs大樹の枝 - 将棋のブログ

将棋のブログ ホーム » コンピュータ将棋 » 激指定跡道場4vs大樹の枝

激指定跡道場4vs大樹の枝

激指定跡道場4(2017年7月発売)と大樹の枝(2015年11月公開)を手動で対局させてみました。

<設定>
激指定跡道場4pro+(10秒)、探索並列度→自動検出
大樹の枝(10秒 NPS→約3000~5000K)bmi2ファイル使用




※棋譜を見るにはFlashが動作する環境が必要です。


■対局結果 ※()内は1局での使用時間
1局目 → ▲激指(6分23秒)△大樹の枝(10分44秒) 155手で激指定跡道場4の勝ち
2局目 → ▲激指(6分34秒)△大樹の枝(11分57秒) 156手で大樹の枝の勝ち
3局目 → ▲激指(9分43秒)△大樹の枝(13分35秒) 188手で大樹の枝の勝ち
4局目 → ▲激指(3分28秒)△大樹の枝(5分15秒) 156手で大樹の枝の勝ち
5局目 → ▲激指(6分10秒)△大樹の枝(7分48秒) 118手で大樹の枝の勝ち
6局目 → ▲激指(6分58秒)△大樹の枝(8分45秒) 148手で大樹の枝の勝ち
7局目 → ▲激指(6分34秒)△大樹の枝(9分53秒) 134手で大樹の枝の勝ち
8局目 → ▲激指(4分11秒)△大樹の枝(10分39秒) 131手で激指定跡道場4の勝ち
9局目 → ▲大樹の枝(5分16秒)△激指(3分4秒) 96手で激指定跡道場4の勝ち
10局目 → ▲大樹の枝(4分8秒)△激指(2分31秒) 84手で激指定跡道場4の勝ち
11局目 → ▲大樹の枝(7分19秒)△激指(3分39秒) 109手で大樹の枝の勝ち
12局目 → ▲大樹の枝(7分57秒)△激指(5分43秒) 111手で大樹の枝の勝ち
13局目 → ▲大樹の枝(14分59秒)△激指(6分18秒) 212手で激指定跡道場4の勝ち
14局目 → ▲大樹の枝(8分9秒)△激指(5分22秒) 144手で激指定跡道場4の勝ち
15局目 → ▲大樹の枝(7分10秒)△激指(3分57秒) 104手で激指定跡道場4の勝ち
16局目 → ▲大樹の枝(14分59秒)△激指(10分41秒) 195手で大樹の枝の勝ち

大樹の枝の9勝7敗


<雑感>
勝敗及び、激指の方が使用時間が少ないことを考えると、互角に近いのだろうと思います。

ただし、USI_Hashやスレッド数などの条件は違うはず。激指の方が自動設定なので、どうなっているのかわかりません。

どちらが思考中の時も、PCはグオングオンとは唸ってないので、どちらも無理はしてないのだろうと、たいして変わらない設定でやっているのだろうと、原始的な感覚でやってます(笑)

そもそも、激指pro+は序盤と終盤では使う時間が全く違うので、他のソフトと同じ条件で対戦させることは出来ません。

ちなみに激指定跡道場4pro+は、私のPC上で制限を付けなければ、序盤は1手1~3秒、終盤は5~20秒、入玉形になると1手10分以上を考えることもあります。

激指は序盤をもっと考えると、模様を良くできるはずですが、それをやらないため、序盤で形勢を損ねることがありがちです。

激指vs大樹の枝

ところで、大樹の枝というのは、またの名を「Apery_Twing_SDT3」と言い、要は「Apery」が第3回電王トーナメントに出場した時のバージョンです。その時はponanza、nozomiに次ぐ3位でした。

激指のここ数年でのコンピュータ将棋の大会での成績から考えると、2017年7月発売の激指定跡道場4と2015年11月公開の大樹の枝が、同じくらいの強さだとしても、それは妥当のような気はします。

それから、前回は「激指定跡道場4とやねうら王とのレート差が1000点くらいあるとも言われている」と書きましたが、最近の検証から600点くらいではないかとの結論に私の中ではなりつつあります。根拠は次回書きます。

※レートについては将棋倶楽部24で用いられている計算式を基準に書いています。


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

https://shogikisho.blog.fc2.com/tb.php/5863-cfefe3ac

将棋ニュース

新刊案内(amazon)


07月24日 △3三金型振り飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
07月24日 令和版 囲いの破り方 (マイナビ将棋文庫)
07月23日 将棋めし 5 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
07月19日 天才論
07月11日 誰も言わなかった右玉の破り方 (マイナビ将棋BOOKS)
07月11日 角交換四間飛車の新常識 最強△3三角型 (マイナビ将棋BOOKS)
07月03日 将棋世界2019年8月号
07月01日 Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー
07月01日 將棋駒書体の背景 水無瀨(みなせ) 錦旗(きんき)
06月30日 将棋「観る将になれるかな」会議 (扶桑社新書)
06月26日 盤上のフロンティア: 若島正詰将棋新作品集
06月25日 羽生善治攻めの教科書
06月21日 藤井聡太全局集 平成30年度版
06月21日 最善手を探せ! 実戦次の一手トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)
06月19日 教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」 (講談社現代新書)
06月14日 NHK将棋講座 2019年 07 月号 [雑誌]
06月12日 中原VS谷川全局集
06月12日 さわやか流疾風三間飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
06月10日 居飛車 108のツボ
06月10日 ふみもと子供将棋教室の強くなる詰め将棋
06月03日 将棋世界2019年7月号
06月01日 はじめての1手詰 初級レベル1:子ども詰しょうぎ 1
05月30日 ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆
05月27日 谷川VS羽生100番勝負 (プレミアムブックス版)
05月23日 藤井聡太の鬼手 ~デビューから平成30年度まで~
05月23日 将棋戦型別名局集8 居飛車穴熊名局集
05月23日 ポケット3手詰
05月16日 NHK将棋講座 2019年 06 月号 [雑誌]
05月16日 急所を直撃!とっておきの雁木破り (マイナビ将棋BOOKS)
05月16日 升田幸三 振り飛車の神髄

応援してくださる将棋サイト

将棋のブログの人気記事


ブログパーツ