名人戦第4局初日、佐藤名人が74手目を封じる - 将棋のブログ

名人戦第4局初日、佐藤名人が74手目を封じる

0 Comments
5月16日から福岡県飯塚市で始まった第77期名人戦七番勝負第4局(佐藤天彦名人vs豊島将之二冠)は、74手を佐藤天彦名人が封じ、初日を終了しました。現在、七番勝負は豊島二冠の3勝。

初日指了図:https://twitter.com/meijinsen/status/1128958483821240320(名人戦棋譜速報ツイッター)

<激指定跡道場4封じ手候補手>
第77期名人戦第4局 激指封じ手候補手


<tanuki-2018封じ手候補手>
第77期名人戦第4局 tanuki-封じ手候補手
※評価値は先手側から見たもの


<ニコ生視聴者の封じ手予想>
△52玉 → 12.2%
△43銀 → 51.3%
△86歩 → 24.7%
△その他 → 11.8%


<感想>
戦型は豊島二冠が先手で角換わり。

今期名人戦は千日手局含む5局のうち、4局が角換わり。

今の将棋を如実に反映している名人戦。

ニコ生では塚田九段と高群女流五段が御夫婦で大盤解説をされていました。(ニコ生では初)

初日指了図の形勢は豊島二冠の方が有利らしいです。塚田九段(ニコ生)と、豊川七段(朝日)、そしてコンピュータの見解が一致しています。

また、封じ手は△43銀が本命視されている模様。

明日で決着がつくのか、それとも一つ返すのか。

第77期名人戦七番勝負第4局2日目は全将棋ファン必見!


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く