第69回NHK杯(豊島名人vs村山七段)の感想

4 Comments
大盤解説

9月15日に第69回NHK杯2回戦(豊島将之名人vs村山慈明七段)が放送されました。

棋譜:NHK将棋(公式サイト)
(※毎週、月曜日に更新されています)


<感想>
戦型は豊島名人が先手で矢倉。

それにしても最近の矢倉は玉が入城しない傾向にあるらしく、本局もそれで、村山七段の方はむしろ右玉に変化。

比較的長い手順、模様を良くすることが問われた如何にもプロっぽい序盤戦。開戦前の52手の局面、大盤では糸谷八段は「豊島名人が一本とった」旨を解説。

慥かに「これではいけない」と言わんばかりに村山七段が8筋、5筋と歩を突き合わせ積極的に動き出しました。

それを的確に受け、頃合いを見て徐々にそして確実に駒を前進させていく豊島名人。89手の▲21歩成が対応に悩ましい好手らしく、豊島名人優勢。

そして119手(▲74金)まで進んだ局面は後手玉詰めろで、もはやここまでかとも思われました。

ところが村山七段の次の一手は△12香。その瞬間、解説の糸谷八段は「92香?そうですね、これはちょっとハッとさせる手ですね。(中略)ちょっとこれは予想してないと焦りますね。」どうやら意外な好手が出た模様。

名人も予想していなかったのか、村山七段の反撃が始まり、際どい局面へと紛れつつあったのですが、名人の127手▲85桂が読みの入った詰めろ。

これで後手は受けても一手一手で、先手玉へはそれより速い寄せもなく、どうやら勝負あり。133手まで進めて村山七段が投了。

本局は派手な手こそなかったのですが、模様を徐々に良くして行く手が多い玄人好みの一局だったように思います。


<コンピュータの形勢判断>
第69回NHK杯2回戦第5局 形勢評価グラフ
※青色はGPSfish、赤色は水匠改/dolphin1.01
※コンピュータの判断が正しいわけではありません。

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/09/15 (Sun) 18:17 | EDIT | REPLY |   
阪田大吉
阪田  
To -さん

大正解です。

ご指摘ありがとうございます。

2019/09/15 (Sun) 20:43 | EDIT | REPLY |   
大山15.3世  

最近はガッチリ囲い合う相矢倉戦は殆どみかけなくなりましたね。(昔、米長永世棋聖や中原十六世名人から、谷川九段や高橋道夫九段の将棋を観ていたので寂しい感もあります)

本局は矢倉模様から先手が4五の位を取る指し方で、用意の策戦だったのかも知れません。豊島名人らしく序盤から徐々にポイントを稼いでいました。5七の角が敵陣に広く効いていました。今後もこの作戦を連採するか興味があります。

2019/09/16 (Mon) 11:35 | EDIT | REPLY |   
阪田大吉
阪田  
To 大山15.3世さん

数年前まではまたかと思うくらい矢倉全盛でしたが、現在は角換わり全盛に変わりましたね。角換わりが一段落するとまた矢倉の時代が来るのかどうか。本局は私も豊島名人らしい一局に見えました。

2019/09/16 (Mon) 21:31 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く