里見女流名人が新記録の11連覇

女流将棋
真庭市

2月11日に岡山県真庭市で行われた第46期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第3局(里見香奈女流名人vs谷口由紀女流三段)は、94手で里見香奈女流名人が勝ちました。五番勝負は里見女流名人が3勝0敗で防衛となり、女流棋戦史上初の11連覇。(※2位は林葉直子さんの女流王将戦10連覇)

棋譜:第46期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負 第3局(日本将棋連盟)
談話:終局直後(岡田美術館杯女流名人戦中継ブログ)
■感想
戦型は谷口女流三段が先手で相振り飛車(▲中飛車vs△向かい飛車)

相振り飛車を頻繁に観ることが出来るのは、女流棋戦の特長のひとつ。

谷口女流三段は相振り中飛車をやっていますが、とても珍しい出だし。

このレベルになると、相振り飛車で中飛車にすること自体が珍しいのですが(※相振り飛車においては飛車が相手玉に近いところを攻めるのを有利とするのが現在の棋理)、どういう構想で中盤を戦うのかは、相振り中飛車を指す者としてはとても興味深いことになっていました。

端角から桂馬も積極的に使って真ん中を突破しようとする趣向はおもしろかったのですが、谷口女流三段も「重かった」とする65手▲53歩打からは、流れは里見女流名人に傾きだし、継ぎ歩からの十字飛車で女流名人の飛車が躍動し出すと、84手では△66角と角を切り(金と交換)出雲のイナズマの寄せが開始。

最後の片美濃への玉頭攻めから決め手となった94手△36桂打(捨て駒)までの寄せの手順は、まさに電光石火の見習いたい手順。

振り飛車、カウンター、華麗な寄せと、里見女流名人らしさが全面に現れていた一局だったように思います。

女流棋戦11連覇は、林葉直子さんが1991年に記録した10連覇を約29年ぶりに更新する大偉業。誰も出来なかったことをやり遂げるということは、本当に凄いことです。

これからもどのような将棋を、どのような戦いぶりを見せてくれるのかは、とても楽しみです。
関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック