第1期白玲戦(順位決定リーグ戦6回戦終了)

女流棋戦
第1期白玲-
七番勝負9~11月
持ち時間・予選→各2時間
・番勝負→各4時間
優勝賞金1500万円
主催・ヒューリック
・日本将棋連盟

棋戦概要(←クリックで表示)
別名は女流順位戦。

第1期は全女流棋士が8つのリーグに分かれて総当たり戦。
同成績の場合は直接対決で勝った方の順位が上。

各組の同順位者で順位決定トーナメント

1位・2位決定戦は七番勝負で、勝った方が初代白玲となる。

第2期以降はA級10名、B級10名、C級20名、D級他全員に分かれてリーグ戦

目次

進行状況と特記事項


A組 → 7回戦中6回戦終了 伊藤女流三段の1位確定
B組 → 7回戦中6回戦終了 加藤圭女流二段の1位、伊奈川女流二段の2位確定
C組 → 7回戦中6回戦終了 加藤桃子女流三段の1位、甲斐女流五段の2位確定
D組 → 7回戦中6回戦終了 西山女流三冠と香川女流四段の2位以上確定
E組 → 7回戦中6回戦終了 5勝1敗→山根、渡部 4勝2敗→野原(敬称略)
F組 → 7回戦中6回戦終了 5勝1敗→上田、石本 4勝2敗→塚田、里見咲(敬称略)
G組 → 7回戦中6回戦終了 里見女流四冠の1位確定
H組 → 7回戦中6回戦終了 中井女流六段の1位確定

参考(日本将棋連盟)
https://www.shogi.or.jp/match/hakurei/1/league_ad.html
https://www.shogi.or.jp/match/hakurei/1/league_eh.html

寸評


B組は下克上が起こったと見るのが正しいのか、それとも単に同じくらいの強さの女流棋士がたくさん振り分けられていた激戦区だったと見るのが正しいのか。

D組は西山女流三冠と香川女流四段のどちらが1位通過するのか、気になるところ。

中井女流六段が今の時代を二十代で過ごしたとしても、間違いなくタイトルを争う一人であろうことは、如何に執拗な議論を好む人であっても否定のしようがないと思われます。昨年は倉敷藤花の挑戦者、白玲戦は現在6勝0敗で無双中。

ところで、白玲戦は今のところ公式の中継サイトが存在しないようですが、順位決定トーナメントが開催される段階になっても、七番勝負が開催される段階になっても、やはり存在しないのだろうかと素朴な疑問。


関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • »
  • 女流棋戦
  • »
  • 第1期白玲戦(順位決定リーグ戦6回戦終了)